記事

「とくダネ!」に「噂の!東京マガジン」民放各局の長寿番組打ち切りは出演者リストラが目的

コロナ禍の中で、テレビの総世帯視聴率が好調な動きを見せている。

ビデオリサーチ社によると、今年の三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値だったそうで「年末年始のテレビ視聴は例年と比較しても高かった」とか。

もっとも、年末年始はまだ「緊急事態宣言」が発令される前のこと。テレビ各局は、まるで〝コロナ感染監視役〟にでもなったように連日「人出は減らない」「感染者最多」などと報じていた。

そんなコロナ感染拡大の報道が功を奏したのだろうか、ビデオリサーチ社が出したデータによると、
「(人の)移動自粛が呼びかけられた結果、帰省や外出を控える人が多く、年末年始は例年以上にテレビを楽しむ視聴者が増えた」

確かに、「輝く!日本レコード大賞」や「第71回NHK紅白歌合戦」など、これまで視聴率が伸び悩み傾向にあった年末の大型音楽番組の視聴率も伸長した。

長寿番組が次々と打ち切り 一体何が


そんな状況に「テレビ離れが叫ばれる中で一筋の光明となったのではないか」(放送記者)なんて声もあったが、その一方で放送現場では「光明どころか現実は危機状況に陥っている」と窮状にあえぐテレビマンも見受けられた。

「各局のいわゆる長寿番組が次々と終止符を打つ事態になっています。視聴率が伸び悩んでいる番組ならば分かりますが、安定した数字を持っている番組でも打ち切りが決まっているのです。コロナ禍の中で、これまで通りの番組を維持していくことができなくなったと言うことです」

幕を閉じることが報じられている長寿番組は、元NHKアナの森本毅郎(81)が司会を担当して1989年から放送されてきた「噂の!東京マガジン」(TBS)や「爆報!THEフライデー」(TBS)の他、タレントの久本雅美(62)がMCを務め今年25周年を迎える「メレンゲの気持ち」(日本テレビ)、さらには「火曜サプライズ」(日テレ)などだが、ここに来てフジテレビの朝の情報番組「情報プレゼンター とくダネ!」の終了も発表された。放送業界に詳しい芸能関係者は言う。

「『噂の!東京マガジン』は32年続いてきましたが、日曜日の昼過ぎにもかかわらず8〜10%という安定した数字を持った番組でした。『爆報!THEフライデー』にしてもお笑い人気コンビの爆笑問題と田原俊彦(59)のMCが評判でしたし、『火曜サプライズ』に至ってはヒロミ(55)や山瀬まみ(51)、ウエンツ瑛士(35)の司会で常に12%前後の視聴率を弾き出すバラエティー番組で、それこそ裏番組と争うほどの人気番組でした。

このような長寿番組が次々に打ち切られるのは、ある意味でテレビ各局の現在の深刻な状況を示しています。昨年来のコロナ禍で、もはや長寿番組だからどうだとか、人気番組だからどうのと言っていられなくなっているのです」

世帯視聴率から個人視聴率へ スポンサーの意識に変化


一体、どう言うことなのか?

深刻な事態になった背景は昨今のテレビ局の業績にある。各放送局の実情を取材しているライターが説明する。

「最近ではインターネット広告費がテレビ広告費を上回り、民放キー局はCMの出稿量に危機感を抱いています。新型コロナ感染拡大の影響が各局の業績を直撃していて、実際、2020年4〜6月期の連結売上高を見ても、各局とも減収となっています。

営業利益段階では、テレビ東京ホールディングスが社員の出社を大幅に規制した他、BS放送で番組制作費を削ったこともあって増収となりましたが、残る4社は軒並み営業減益だったのです。

特にフジ・メディア・ホールディングスは6割を超える大幅な減少で、純利益でも9割を超えるマイナスになるなど、その不振ぶりは際立っています。視聴率的には好調な日本テレビホールディングスにしても8割を超える落ち込みとなりました」

業績不振となれば当然、番組制作費の削減となる。そんな中で各局が下したのが「長寿番組の打ち切り」と言う決断だったのではないかと言うのである。

「確かに視聴率が高いことは重要ですが、世帯視聴率よりも個人視聴率を重要視する流れに変わってきています。つまり、番組の視聴者層を重視しているということです。今回、打ち切られる番組は長寿番組ゆえに視聴者は高齢者層が多い。しかし、スポンサーが求めているのは10代の若者から高くても50歳までの年代の視聴者です。

コロナ禍でスポンサーがCM出稿の選別を始めており、例えば、現時点では打ち切りと言う最悪の事態にはなっていませんが、テレビ朝日で放送している『科捜研の女』や『相棒』と言ったドラマも危ないでしょう。

確かに視聴率は安定して高水準をキープしていますが、視聴者層が高いことが同局の収益に微妙な影響を与えています。もちろん同局にとっては紛れもないキラーコンテンツだけに判断はつけにくいでしょうけどね」(広告代理店関係者)

ベテラン出演者の高額ギャラが重荷に


視聴者層だけではない。長寿番組で「最大のネック」とされているのが出演者のギャラである。

「長寿番組ほどベテランタレントを起用しています。例えば『噂の!東京マガジン』などは司会の森本毅郎しかり、タレントの清水国明(70)や競馬評論家の井崎脩五郎(73)など、外せないキャストがいるだけに長期に亘って高額のギャラが発生することになります。

同時に番組全体の高齢化は避けられません。しかも、番組最大のウリである『噂の現場』が、このコロナ禍で現地ロケが難しくなっていました。これは『火曜サプライズ』などにも言えることですが、ロケ取材という番組の根幹が制限されてしまったことも終了の原因になっています。

出演者のギャラを最小限にして、番組の効率化…つまりコストダウンを図ることが求められているのです」(番組制作会社の関係者)

出演者のギャラ削減という部分では、フジテレビ系の朝の情報番組「とくダネ!」の小倉智昭は「直撃」だったに違いない。小倉については、かねてから番組降板説があっただけに、3月の番組終了で卒業というのは「ようやく感」が漂っている。

「小倉は、番組のスタートから22年間、この番組を続けてきました。1本のギャラは100万円とも150万円とも言われ、週5回で月に換算すると2000万円から3000万円になり、年間では3億円前後という高額なギャラが発生していた計算になります。

さすがに、この金額はフジにとっても重荷になっていたはずで、今回の番組終了は、いわばリストラが目的だったとも言われています。

しかし、小倉の番組に対しての22年間の功績は紛れもない事実で、フジも感謝していたはずです。ですから、単に小倉降板で人間を入れ替えると言うことではなく、番組自体を終了させて、全く新しい形でスタートさせようとしたのだと思います。

ただ、フジに対してTBSの同時間帯の情報番組も苦戦していますからね。こちらのキャスティングについては容赦ないと思いますよ」(放送ウォッチャー)

ちなみに、ギャラを巡っては「新・情報7DAYSニュースキャスター」(TBS)が、3月のリニューアルを検討していて、その際、安住紳一郎アナ(47)と共に出演しているビートたけし(74)を卒業させるのではないかと一部女性週刊誌が報じている。同局では「現時点での降板はない」と否定しているが、これも、たけしの高額ギャラが一因となっているようだ。

「コロナ禍の中で一時、たけしはリモートで出演していましたが、これも不評だったようです。ですから、この際、たけしを卒業させることで番組経費を削減させ、安住アナ1人で番組をやっていけないか模索はしていると思いますね」(放送記者)

いずれにしても、長い間、視聴者から慣れ親しんできた番組を打ち切り、新たな番組をスタートさせるわけだが、果たして、それが局の狙う「視聴者層」にハマるか、大いに注目していきたい。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  3. 3

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  4. 4

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  5. 5

    養老孟司「生死をさまよい、娑婆に戻ってきた」病院嫌いが心筋梗塞になって考えたこと

    PRESIDENT Online

    04月18日 15:46

  6. 6

    日米共同声明 実務ベースで進めていく力が菅内閣にあるのか

    ヒロ

    04月18日 10:27

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    黒人女性を撃った警官の内幕モノにネットの非難轟々

    島田範正

    04月18日 16:09

  9. 9

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  10. 10

    大阪府 過去最多の1220人が感染 6日連続で1000人超え

    ABEMA TIMES

    04月18日 18:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。