記事

警察当局が本気になった。皆さん、野放図なことはお止めくださいね

大学入試共通テストで正しいマスクの着用を拒否して試験監督官を手こずらせ、試験監督官等の業務を滞らせた受験生が実は現行犯逮捕をされていたという衝撃的なニュースが入ってきた。

試験会場からの退室を迫られ、会場のトイレに3時間閉じ籠っていたそうだ。

いわゆる鼻出しマスクが自分にとって正しいマスクの着用の仕方だなどと強弁し、試験監督官を著しく困惑させたようだから、どういう罪名で現行犯逮捕に至ったのかはさておいて、当該受験生の行為が何らかの罪に当たることは否定できないだろう。

聞けば、その受験生の年齢は49歳ということである。

独自の理論、独自の正義感に立って独自の法解釈を主張する、およそ社会との協調性を欠いた人なんだろうが、世間にはこういう人が稀にいることは私も知っている。

こういう人は自説に固執しがちで、他人の説得にはなかなか応じないものである。
実に始末に負えない。

しかし、それでも滅多に警察沙汰にまではならないのだが、やはり今回は度が過ぎていたのだろう。

お、警察当局が本気になり始めたぞ、と言ったところか。

過日飛行機の中でマスクの着用を拒否して、飛行機を緊急着陸させてしまった乗客も威力業務妨害で逮捕されているようだ。

たかがマスクと侮らないことである。

感染症法や特措法が改正されれば、色々な場面で罰則が適用されることになる。

政府は、コロナとの戦いに克つためには何でもする、ということのようだ。

警察当局の一連の動きは、最近の政府の動きとまったく無関係だとは思えない。

あわせて読みたい

「警察」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  2. 2

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  3. 3

    「都の対策は“何周遅れ”なの?」迫りくる第4波…小池都政に安心材料はほとんどない - 石戸 諭

    文春オンライン

    04月21日 08:44

  4. 4

    世界各国で「祝日変更」の動き コロナ感染拡大を封じ込めることはできるのか

    NEWSポストセブン

    04月21日 09:01

  5. 5

    なぜ日本は海外ワクチンの調達が遅いのか

    舛添要一

    04月21日 11:50

  6. 6

    「参院広島再選挙」後、被買収議員の起訴は確実!「政治×司法」の権力対立が発端の「激震」が続く

    郷原信郎

    04月21日 11:57

  7. 7

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  8. 8

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  9. 9

    Appleが極薄の「iMac」発表 5月後半から発売開始

    ABEMA TIMES

    04月21日 08:17

  10. 10

    ワクチン接種 そこそこ急性の反応はあり 変異株 緊急事態宣言はどこまでが妥当?

    中村ゆきつぐ

    04月21日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。