記事

食品ロス削減推進法がじわじわ効いてきています

1/2

こんにちは。竹谷とし子です。

食品ロス削減推進法が成立して、5月で2年になります。

強制力を伴わない地味な法律ですが、食品ロスを削減する方向へと、効果が出てきています。

具体的に、いくつかをご紹介いたします。

食品ロス削減推進法の効果 3例

1.食品表示に関する判断(サッポロ・ファミマ協同開発ビールのEがAだった件)

先週、サッポロさん・ファミマさん共同開発のビールが、誤植で販売中止が発表された直後、一転、撤回されたという出来事がありました。

食品ロスにならず、良かったです。

今回、食品ロス政策を統括する消費者庁から、法律違反にあたらないという見解が早々に出ました。たらい回しにされず速やかに答えが出たのは、食品ロス削減推進法により、担当していただける部署があるからです。少ない人数ですが、しっかり対応してくださっています。

法律がない時には、問題が複数の省庁でたらいまわしになり、解決しないままのことがありました。

全てではありませんが、かなり、変わってきたことを感じています。

※この経緯に関しましては、食品ロス問題ジャーナリストで、法律をつくる際に多大なご貢献をいただいた井出留美さんの記事や、1/14朝のラジオニッポン放送 飯田浩司さんのOkCozyUpの冒頭2-8分でご紹介されていますので、よろしければご参照ください。

#EじゃなくてもAじゃないか (中森真太郎さんの)秀逸コピーと、食品ロスをなくしたい方やサッポロファンの方々の声が、SNS上で大きな流れになった出来事でしたが、食品ロス削減推進法も一助となりました。

間違えは決して良いことではありませんが、これを機に、過剰コンプライアンスとも言えるような理由による廃棄が減る方向に変わっていくといいと思います。

そして、健康被害を与えることがなく、誤表記の説明等で消費者の理解を得られるものであれば廃棄せず、販売収益の一部を社会福祉などに寄付する、お福分けの流れができると、なおいいですね。そうすると、三方よし、四方よしです。

2.備蓄品の寄付(行政の変化)

行政がもつ災害時備蓄食料の多くは、賞味期限がくると、廃棄されていました。

以前は、国の財産に関する法律のため、なかなか寄付ができませんでした。

食品ロス削減推進法では、備蓄食品を廃棄せずに活用することが推奨されています。

今は、農林水産省が適法な手続きをふんで、フードバンク活動団体等に寄贈するなど、流れが変わってきています。

あわせて読みたい

「食品ロス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【ご報告】地域政党「あたらしい党」代表と、東京維新の会の副代表を辞任いたします

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 20:52

  2. 2

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  6. 6

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  7. 7

    国産のウイスキーが2200万円で落札されました

    内藤忍

    02月27日 11:19

  8. 8

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

  9. 9

    これでも「侵害」になってしまうのだとしたら、それをリスクと言わずして何と言おう・・・。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    02月28日 19:16

  10. 10

    「中国海警法は国際法違反」共産党・志位委員長発言に自民議員も喝采

    NEWSポストセブン

    02月28日 19:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。