記事

「セックスレスの結婚生活に意味はない」39歳女性は不倫を自白して貧困シングルマザーになった

1/2

山本ゆいなさん(39歳・仮名)は、小学2年生の息子を育てるシングルマザーだ。元夫とはセックスレスで離婚した。セックスレス解消のためさまざまな努力したが実を結ばす、不倫に走ったという。フリーライターのツマミ具依氏が取材した——。

シングルマザーの山本ゆいなさん(39歳・仮名)シングルマザーの山本ゆいなさん(39歳・仮名) - 筆者撮影

半数以上の夫婦がセックスレス

夫婦関係に亀裂を生むセックスレスの問題。日本家族計画協会が2020年に行った調査によると、夫婦の2組に1組以上の51.9%がセックスレスであることが明らかになった。同調査の2004年31.9%と比較すると、約15年の間に2割増となっている。

「たかがセックスレス」と思う人も、セックスレス夫婦の結末を聞くとそうとは言えないはず。セックスレスが原因で不貞し、離婚したシングルマザーに話を聞いた。

「私は愛のあるセックスがしたかっただけなんです。夫がいる限り、どんなに好きな人がいても不貞に なり、悪いことになっちゃう。ママ友から『セックスレスなのは普通』と聞いても、私はやり過ごせなかった」

淡いピンクのワンピースを着た山本ゆいなさん(39歳・仮名)は、かわいらしい声も相まって、年齢より若く見える。話す様子は、所帯染みたお母さんというよりも、ガールズトークをする女子のようだ。

山本さんは、職場で出会った3つ上の男性と30歳のときに結婚。セックスレスを自覚したのは、34歳の頃だったという。

「1人目の子供を産んでからセックスレス気味だったんですが、2人目の子作りという理由があればまた戻れると思って。一応、夫は協力してくれましたが、乗り気じゃないのはバンバン伝わってきました」

セックスレスは「女として終わっている」という根拠のようだった

2人目の子供を妊娠するも、病院で障害を持つ可能性があると診断された。

「母に『中絶しなさい』と言われ、自分の考えも言えないまま従いました。中絶した後、この選択をすべきだったのか、身も心もボロボロになって人生を考え直したときに気付いたんです。いままでずっと母親の顔色をうかがって生きてきて、自分の気持ちから逃げてきたって。それは母親だけでなく、夫に対してもでした。私は、夫から愛されたい気持ちから逃げていたんです」

セックスを求めていた本当の理由を悟った山本さん。セックスレスの心情を問うと、ため息交じりにこう語った。

「男性はしたい。女性はそれを受け入れる。そういうイメージがあるので、こっちから求めるのは敗北感がありました。30代って、女性として朽ちていくのを身に染みて感じるんですよ。セックスレスは『女として終わっている』という客観的な根拠を示されているようでした。一番つらかったことは、浮気ができないこと。やろうと思えば、他の人とすることはできる。けれども、それが本質的な解決じゃない。他の人ではなく、夫がいいと自分に言い聞かせていたし、実際そうだと思っていました」

中絶後は、本格的にセックスレスに突入。自分の気持ちが言えないまま悶々(もんもん)と3年の月日が流れた。そんなある日、転機が訪れる。

「昔働いていた職場の男性に誘われて、久しぶりに2人で飲みに行きました。そしたら、帰り際にホテルに誘われたんです。ドキドキしながらも『それはできません』と断ると、『じゃあ、手をつなごう』って言われました。手くらいなら、と了承したら、久しぶりに男性と触れた感覚がよみがえってきたんですよ。そのとき、夫に触れたいとはっきり思いました」

ついに浮気をしたが、虚しさを生むだけだった

触発された山本さんは、勇気を出して夫に思いを伝えることを決心する。何日も推敲(すいこう)を重ねて、こんな手紙を書いた。

「私は結婚してからずっとあなたに言いたいことが言えませんでした。いろいろなことが伝えられず、伝えられないことを積み重ねてしまい、もうどこから伝えて良いのかわからないくらい、積み重ねました。それでも、あなたと生活していくために、少しずつ話していきたいと思っています。あなたときちんと心を通わせたいから。実は、とても恥ずかしくて言いにくいのですが、本当はセックスしたかったのです」

テーブルの置き手紙を読んだ夫は、翌日山本さんを食事に誘い、「あんなこと言わせてごめんね」と謝った。手もつないでくれた。だが、肝心の行為には至らず、数カ月が経過。落胆した山本さんは、今度は面と向かって「したい」と伝えるが、「いいよ」と夫は言ってそのままソファで寝てしまった。もう我慢の限界だった。

「自制してきたけど、もういいかなって。浮気をしました。ここまでしてもセックスをしてくれないので、免罪符を得た気になったんですよ。相手は手をつないだ男性です。でも、浮気してみたところで満たされなかったんです。代わりに他の人でごまかしても、虚しさを生むだけとわかりました。本当に向き合うべきは夫だと思って、男性とは関係を絶ちました」

あわせて読みたい

「シングルマザー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  2. 2

    【ご報告】地域政党「あたらしい党」代表と、東京維新の会の副代表を辞任いたします

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 20:52

  3. 3

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  4. 4

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  5. 5

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  6. 6

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  7. 7

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみる、フェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  8. 8

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  9. 9

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  10. 10

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。