記事

ぼくは休み方がわからなかった──働きすぎて燃え尽きた医師が気づいた、頑張りと休みの関係

1/2

サイボウズ式特集「そのがんばりは、何のため?」。

今回は皮膚科医でありながら、コラムニストとしても医師・患者間の橋渡し活動を行っている大塚篤司さんに、ご自身の経験談を寄稿いただきました。

記事をご覧のみなさん、こんにちは。僕のことを知らない人に向けて、まずは簡単な自己紹介をしたい。

ぼくはいま、大学病院で勤務している医師だ。日中は患者さんの診療にあたり、医学部の学生の授業や大学院生の研究を指導し、研究費をとってくるための申請書を作成し、コロナが流行る前は学会で世界を飛び回っていた。

最近は、一般の方に医療情報を伝える活動もしており、こうやってコラムを書いたり、YouTubeで医療系の動画を配信したり、本も書いたりしている。正直、目が回るほど忙しい。

そんなぼくはバーン・アウト(燃え尽き症候群)に陥った経験がある。

働きすぎて心身ともに崩壊し、もう同じ道には戻れないと絶望を味わった辛い過去がある。

だから「頑張りすぎる人たちに向けてメッセージをください」とこの依頼を受けたとき、「やりますよ」と二つ返事で引き受けた。

しかし、いざ原稿を書き始めるとまったく進まない。たしかに、自分にはバーン・アウトした経験があり、その経験を伝えることで読者の方たちはなにかを感じ取ってくれるはずだ。

では、語る側のぼくは何を伝えたいのか? そこがまったく見えてこない。見えてないどころか、バーン・アウトした経験から一歩進んで考えていなかった自分に気がつく。

「バーン・アウトから立ち直った。よかったよかった」

ここでぼくはずっと終わらせていたように思う。バーン・アウトの先に見えたものはなんだったのか。今回の依頼を受けるまで、しっかりと向きあったことがなかった。

無茶をして頑張ることが美徳となり、習慣になっていった

本題に入る前に、ぼくのこれまでとバーン・アウトした経緯をお話したい。

思春期の頃のぼくは、ただただ「何者か」になりたかった。圧倒的に「何者かになりたい自分」がいて、後から思えば、誰かを押しのけてでも自分のために頑張ろうとする時期があったと思う。

ただ、年を重ねて「何者かになりたい自分」より「誰かの役に立ちたい自分」のほうが強くなった。「自分が美味しいものを食べる」ことより、「誰かといっしょに美味しいものを食べる」ことが楽しくなり、「大好きな人が目の前で美味しいものを食べている姿をみる」ことに幸せを感じるようになる。

いまでこそ「患者さんの幸せのために」と心から思って診療をできるようになったが、思春期の頃は決して利他的な人間ではなかった。むしろ利己の塊だったと思う。

自分のことしか考えていなかったような自分も、人の役に立ちたいと思った時期があった。高校の時、ずっと元気だった父親が骨折で入院し、初恋の彼女が集中治療室に運ばれ音信不通となり、医者になろうと決めた。また、ぼくはもともと小児喘息で病院通いをしていたのも医者を志した動機のひとつだ。だから、高校3年の模試で偏差値が30台であったにも関わらず、医学部に挑戦した。

当時、代々木ゼミナールの名物講師であった吉野敬介先生が書かれた「だからお前は落ちるんだ、やれ!」という本が流行っていた。ぼくもその本の影響を受け、がむしゃらに勉強した。毎日数時間の睡眠で勉強を続けた。

眠気に負けそうなときは手の甲に針を指し、問題集を解き続け、2浪はしたものの信州大学の医学部に合格した。このときの「無茶をしてでも死ぬ気で頑張った」ことが自分の大きな成功体験になった。

その後、ぼくは無茶をして頑張ることを美徳と信じ、自分の習慣とした。結果を出すためには体を壊すほどの努力をすべきだ、と信じ込んで実践した。

頑張れるだけ頑張り続けた結果、休まざるを得ない状況になった

医者になり数年経った後、大学院で基礎研究に打ち込んでいた時期にぼくはバーン・アウトした。

そのころの睡眠時間は連日数時間。土日休みもなく、研究室にこもって研究をしていた。とにかく、頑張れるだけ頑張り続けた。とことん自分を追い込んだ。

研究は受験勉強とは違い、頑張れば頑張った分だけ結果が出るというわけではない。頑張っても頑張っても、仮説は当たらず実験は失敗となる。睡眠不足のなか、絞り出した気力で行った実験が失敗に終わったときの疲労感は鉛以上に重い。

そういう生活を数年続けているうちに、ぼくは布団から起き上がれなくなり、研究室にいけなくなってしまった。

仕事関連のメールがくると動悸がする。将来のことを考えると死にたい気持ちになる。一日中横になっているだけで苦しい。もう死にたい。なんどもそう思った。ぼくの状況を見るに見かねた家族によって、ぼくは強引に心療内科に連れて行かれた。

薬を処方され、しばらくの間仕事を休むように指導され、ぼくは長年の夢であった医療の最前線で働くことをあきらめた。自分が開発した薬で多くの患者さんを救う夢は叶わなかった。もう仕事はやめよう。医者も辞めよう。ぼくには向いてない。

絶望の中、ぼくは当時の教授に辞表を持って面会を申し込んだ。ぼくがやめると口に出す前に、教授はぼくの職場転換を提案した。その場でお膳立てをされ、心機一転働ける場所を提供してくれた。

これは本当に幸運だった。さらに、移った先でもぼくの状況を理解してくれるボスがいた。ふたりがいなければぼくはいまごろ医者をやめていただろう。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  4. 4

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  5. 5

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  6. 6

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  7. 7

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  10. 10

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。