記事
  • ロイター

バイデン次期米大統領、欧州・ブラジルからの入国制限解除を阻止へ


[ワシントン 18日 ロイター] - バイデン次期米大統領は、欧州やブラジルの大半地域に最近滞在した非米国籍の人の入国制限を1月26日に解除するトランプ大統領の決定について、迅速に制限を再発動して失効を防ぐ考えだ。サキ報道官が明らかにした。

トランプ氏は18日、同入国制限の解除に関する大統領令に署名した。

これを受けてサキ氏はツイッターに「私たちの医療チームの助言を踏まえ、(バイデン)政権は1月26日にこれらの制限を解除するつもりはない」と投稿した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は「悪化しており、感染力が強い変異種も世界中で出現しているため、海外渡航への制限を解除する時ではない」とした。

新型コロナウイルス感染拡大への対応策として、米政府は昨年3月半ば以降、直近14日間に英国、アイルランド、欧州域内の自由な移動を定めた「シェンゲン協定」の加盟26カ国に滞在したほぼ全ての外国人の入国を禁止。ブラジルについては昨年5月から同様の措置を取ってきた。

一方、米疾病対策センター(CDC)は先週、海外から航空便で米国に入国するほぼ全ての人に、1月26日からウイルス検査の陰性証明提示を義務付けると発表した。

トランプ大統領の新たな布告は、欧州とブラジルからの入国制限を陰性証明の義務化と同じ日に解除する内容。トランプ氏は20日に退任し、バイデン氏が就任して入国制限を再発動する権限を得ることになる。

サキ報道官は「事実、私たちはコロナ感染拡大をさらに抑制するために海外渡航に関する公衆衛生上の措置を強化する方針だ」と述べた。バイデン氏の政権移行チームに対象国を拡大する計画か問い合わせたが、回答は得ていない。

入国制限によって欧州の一部の国からは渡航者が95%以上落ち込んでいる。航空各社は陰性証明の義務化が渡航解禁につながることを期待し、ここ数日に政権高官に働きかけを行っていた。

米国は中国とイランに最近滞在した外国人の入国も禁止しているが、ロイターはこれまでに、ホワイトハウスは両国からの入国制限解除を検討していないと報じている。トランプ氏は18日、中国とイランへの制限は解除しないと確認した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。