記事

『99人の壁』BPOが指摘した制作体制の“破綻”と今後への“期待”

レギュラー化で作問作業に「忙殺」

BPO放送倫理検証委員会が18日、フジテレビのバラエティ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』で解答権のないエキストラを補充していた問題について、放送倫理違反があったとする意見を公表した。

この意見書では、エキストラ問題にとどまらず、膨大な量の問題作成に伴う制作体制の破綻にも言及。その上で、コロナ禍の収録で生まれた新たなシステムを取り上げ、番組への期待の声も寄せている。

フジテレビ(左)とBPOの事務局がある千代田放送会館

エキストラ補充に依存していく契機

同番組は、100人の出場者を集めて収録すべきところ、人数が不足した場合、解答権のないエキストラで欠員補填して番組に参加させ、「番組が標榜している『1人対99人』というコンセプトを逸脱し、視聴者の信頼を損なう形となっていた」として、昨年4月3日、番組ホームページ上で事実関係を公表するとともに謝罪した。

フジテレビのバラエティ番組を制作する「第二制作室」のプレゼン大会の第1回優勝企画である『99人の壁』は、2017年12月31日に特番として初めて放送。その後、18年4月、同年8月と放送を重ね、同年10月から土曜のゴールデンタイムでレギュラー化された。

特番の1回目、2回目は100人の出場者が全員そろったが、3回目は収録日に台風接近が危ぶまれ、急な欠員の出た場合に備えてエキストラのスタンバイが必要と考え、業者に手配を依頼。最終的に4人の出場予定者が来ず、エキストラで補充した。

その後も、出場者の不足が慢性的に発生し、エキストラは最も少ない回で3人、最も多い回で28人含まれ、19年10月26日放送分まで延べ406人を補充。意見書では「あくまで悪天候に伴う緊急対応であったが、その後、100人を集められなかったときに、解答権のないエキストラの補充に制作者たちが依存していく契機となった」と見ている。

1回の収録で800問が必要

一方、特番3回目の収録に先立つ18年6月、レギュラー化が決定。1回目の世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ・関東地区)は大みそかの午前中で2.9%、2回目は平日のプライム帯で5.8%と、決して合格点ではなかったことから、制作スタッフは編成からの思いもよらぬ提案に喜ぶと同時に、不安を抱いたという。

それは、膨大なクイズの作成作業だ。1人5問突破で賞金100万円というルールのため、万が一に備えて予備の問題も用意しなければならない。これが100人分となると、1回の収録につき800問程度が必要。それぞれの裏取りと、映像や写真を使用する際は許諾の作業も発生し、それを出場者決定から収録までの間に急ピッチで行うことになる。

この不安については、クイズ作家を多く投入することで対応できると考えた。しかし、クイズの消化は思いのほか速く、作問に「忙殺された」という。

今回の審議の発端となったエキストラの補充と、膨大な作問による疲弊という事態を、フジテレビはBPOに提出した報告書で、「レギュラー化で制作体制が破綻状態に」と表した。

作問と出場者選考負担の軽減策

この状況を脱するため、19年11月9日放送分から、100万円に挑戦できる「チャレンジャー」を破った「ブロッカー」が新たに「チャレンジャー」になれるという斬新なルールを変更し、「チャレンジャー」と「ブロッカー」を分離。作問と出場者選考の負担は、大幅に減ることになった。

チーフプロデューサーはレギュラー化後の早いうちから、企画に限界を感じていたというが、第二制作室長(当時)自らが発案した初のコンペで優勝企画、鳴り物入りのレギュラー化、局員プロデューサーを6人つける破格の布陣という経緯、社内全体が企画者である総合演出を前面に押し出す雰囲気から、強く進言しにくい状況にあり、レギュラー化から1年という時を要しての判断だった。

『ほこ×たて』と通底する問題点

BPOは、実際に行われなかった対決が編集によって作り上げられて放送倫理違反となり、番組も打ち切りとなった『ほこ×たて』(フジ)と、今回の『99人の壁』について、「視聴者との約束を裏切る」という問題点が通底すると指摘。

NHKと民放連が96年に定めた「放送倫理基本綱領」の「放送人は、放送に対する視聴者・国民の信頼を得るために、何者にも侵されない自主的・自律的な姿勢を堅持し、取材・制作の過程を適正に保つことにつとめる」との規定に照らし、放送倫理違反という決定を通知した。

制作者たちが築いてきた財産の継承を

一方で、フジテレビがこの決定を待たず、制作体制の再点検のほか、「視聴者との約束」を考える勉強会の定期的な実施、制作上の問題を誰でも相談できるホットラインの開設などを盛り込んだ再発防止策の導入を示したことに対し、「これらの取り組みが実を結び、同様の問題が再発しないことを切に望みたい」とコメント。

そして、聞き取りを行ったベテランの制作者たちが「90人しか集められなかったなら今回は『90人の壁』だと番組内で言えばよかった。MC(佐藤二朗)のキャラクターならできたはずだ」「エキストラを補充するにしてもその人たちに解答権を与え『99人の壁』にする方法はあった。

広めのジャンルのクイズを複数準備しておき、エキストラに得意なジャンルを選んでもらえばよかった」といった臨機応変なアイデアや、窮地を面白さへの突破口に変える柔軟性を持ち合わせいることを、「制作者たちが築いてきた財産」とし、今後は「ぜひ継承してほしい」と望んだ。

「番組作りが楽しい」若い制作者の声に希望

『99人の壁』は昨年3月7日から、新型コロナウイルスの影響もあって、しばらく放送がなかったが、3カ月後の6月6日の放送では、「ブロッカー」の99人全員をリモートでつないでモニターに表示し、新たに開発した早押しアプリを駆使することで、再開にこぎつけた。

「ブロッカー」は東大生で、最初は画面上に「東大生99人をやっつけろ!!」というテロップが出ていたが、一部のリモートが切れるハプニングのたびに「98人」「97人」などと実態を反映した数字に変え、早速、誠実に番組制作に臨んでいく姿勢を見せた。MCの佐藤二朗は、スタッフたちに「ふんどし締め直してがんばろうや!」と何度も声をかけたという。

収録現場をまわすスタッフは、偽りの数字がなくなってから「ワクワクする」「後ろめたくなく番組を作れるのは気持ちがいい」「楽しい」と、聞き取りで胸の内を語っていたそうだ。意見書では「若いスタッフの口から『番組作りが楽しい』と聞けたことに希望を感じる」、さらに、コロナ禍という大きな“逆境”での番組作りが「それをヒントに新たな企画が生まれる可能性もある」と期待を込めている。

個人的には、会場の参加者100人全員が「チャレンジャー」になるチャンスをつかむことができ、「このジャンルが得意な人だからあの問題でブロックできたのか!」という奇跡が何度も起こる、あの初期ルールでのスタジオの興奮も忘れられない。コロナの収束後には、数カ月に1回のペースでも良いので、クラシックスタイルでのバトル復活にも期待したい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  4. 4

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

  8. 8

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。