記事

党首討論の迫力はどこへいった? 民主党はTPP、金融政策論議を避けてはいけない!

いよいよ衆議院が解散し、選挙戦に突入した。11月14日の党首討論で、自民党総裁の安倍晋三さんに対し、野田佳彦首相が 解散すると宣言したのである。突然の解散宣言に驚く声も上がった。だが、野田首相には理由があったのだ。

なにより内閣支持率は下がるばかりだった。そのため民主党内では、野田首相のままでは選挙戦を戦えないという声が、 日に日に大きくなっていた。「野田降ろし」の風が吹くのは時間の問題だったのだ。野田首相には、消費税増税という難事をなしとげたのは自分だ、という自負がある。彼にしてみれば、きちんと仕事をしたのに、みすみす降ろされるのはたまらないというところだ。だったら、いっそのこと首相の権限で衆議院解散を、と決意したのだろう。

この日の野田首相には迫力があった。「衆議員の定数削減」を条件に、安倍さんに「勝負」を挑んだのだ。挑戦された安倍さんはタジタジであった。今度の衆議院選挙で、民主党が獲得できる議席数は70~80だと見られていた。だが、この党首討論の効果で、民主党の票が伸びるのではないか、と僕は感じた。民主党の議席が100を超え、もしかしたら120くらいまで伸びるのではないか、とさえ思ったぐらいだ。

ところが、である。19日からカンボジアで開かれたASEAN首脳会合に参加した野田首相は、「TPP交渉参加」について、「検討する」と発言したのだ。TPP参加を「公約にする」と言っていたのだから、これは大きな後退である。国内で「やる」と言いながら、対外的には「検討する」では、国の内外から信頼を失うのは目に見えている。先日の党首討論での迫力が、一気になくなってしまった。

一方、安倍さんは、大胆な金融緩和政策を打ち出している。大規模な公共事業に伴う建設国債を日銀に引き受けさせ、さらに、2~3%の物価上昇を目指す。安倍さんの狙いはデフレ脱却だ。これに対して白川方明・日銀総裁は、「現実的でない」「財政再建や実体経済に悪影響を与える」などと、ただちに反論した。バックに財務省がついているから、白川総裁は強気なのだろう。財務省は「締める」金融政策が好きなのだ。だから、安倍さんが主張するインフレターゲット政策は、財務省官僚にとってはもってのほかなのだ。

こういった経済政策の論議は、大いにやってほしいと僕は思っている。民主党にとって、自民党との政策の違いを国民に示す絶好の機会である。ところが、安倍さんの政策に対して、民主党からは、対論が出されていない。野田首相が外遊中だから対論を出すのは無理だというなら、金融大臣なり、官房長官なりが発表すればいい。

ASEAN首脳会合での野田首相の発言、安倍さんの金融政策に対する対応で、民主党は好機を逃したのではないか、と僕は思う。14日の党首討論をピークに、民主党の勢いは、ふたたび急降下している。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。