記事
  • ロイター

米首都ワシントンと州都が厳戒態勢、実際のデモ隊はごく少数


[ハリスバーグ(ペンシルベニア州)/ランシング(ミシガン州) 17日 ロイター] - バイデン米次期大統領の就任式を前に、トランプ大統領の支持者や過激派団体が抗議活動を行うとの懸念があるなか、首都ワシントンと全米50州の州都にある州議会議事堂周辺では17日、厳戒態勢が敷かれた。ただ、デモ隊はこれまでのところごく少数にとどまっている。

今月6日にワシントンの連邦議会議事堂にトランプ支持者が乱入した事件を受け、連邦捜査局(FBI)はこれまでに、20日の就任式を前に武装したデモ隊による抗議活動が計画されている可能性を警告しており、多数の州が警備を強化するために州兵を動員している。

17日は、極右を中心とする反政府運動「ブーガルー」が数週間前から全50州でのデモ活動を計画していたため、当局は特に厳重な警備が必要と考えていた。ただ、正午までに各州都に集結したデモ隊はごく少数で、治安当局やメディア関係者の人数が大きく上回っていた。

ペンシルベニア州の州都ハリスバーグに集まった数人のトランプ支持者の1人、アレックスさんは「不正2020」と書かれたパーカーを着て、昨年11月の大統領選は盗まれたと主張。ただ、この日は「何も起きていない」と語った。

ミシガン州都ランシングの州議会議事堂の近くに集まったデモ隊も10数人にとどまっており、その中の数人はライフル銃を持っていた。周辺の道路は閉鎖され、企業の事務所は激しいデモに警戒して窓に板が打ち付けてあった。

首都ワシントンの中心部はほとんどの場所から人影が消え、ゴーストタウンと化している。道路は封鎖され、中心部一帯に張り巡らされた検問所には銃を持った州兵の姿があった。

一部の武装集団と過激派団体は、デモ活動に参加すれば当局に拘束されるリスクがあるとして、組織の信奉者に対して週末は自宅に待機するよう促していた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  4. 4

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  5. 5

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  6. 6

    ワクチン接種の60代女性が死亡 ワクチンとの因果関係は不明

    ABEMA TIMES

    03月02日 19:53

  7. 7

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  8. 8

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  9. 9

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。