記事
  • WEDGE Infinity

なぜか普及しない、アメリカのコロナワクチン - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

コロナウィルスの感染者が世界一の2340万人の米国。全世界のおよそ4分の1を占める。またカリフォルニア州は290万人と、米国の感染者の1割以上だ。その米国、特にカリフォルニアでコロナワクチンの接種がなかなか進んでいない。

(Teka77/gettyimages)

これまでワクチン接種を受けた人は人口の3.4%で、各州に配分されたワクチンの6割以上が未使用のままだ。州ごとに見るとウエスト・バージニア、サウスダコタはそれぞれ6%以上、アラスカ、ノースダコタは5%以上だが、カリフォルニアは2.5%、ニューヨークは3.5%にとどまっている。

理由はいくつか挙げられる。まず、国民全員にワクチン、というのが前代未聞のことであり、行政側に混乱が見られること。医療従事者、高齢者などの優先順位をつけ、順次接種の予定が医療関係者の中にワクチン拒絶があったりして中々進まないこと。ワクチンを摂取する側の安全が確保されていないこと、などだ。

カリフォルニア州の場合、フェーズ1から2の順に接種というガイドラインが定められており、フェーズ1にはAからCまでの3つのカテゴリーがある。しかもそのカテゴリーがまた3つ以上に細分されている。

最優先となるフェーズ1Aの場合、まず専門病院や長期療養病院の医療スタッフと患者、次に州政府の児童家族部門担当者、メンタルヘルス担当者、中期療養病院の患者その他、最後に指圧やカイロなどの医療従事者、PCR検査担当者、歯科、眼科、薬局その他の緊急ではない医療担当者、となる。

1Bになってようやく65歳以上の高齢者が対象となるが、1月15日になって州はようやく65歳以上の接種を開始する、と発表した。その後教師、保育士、救急隊員、農業や食品関係、物流、企業や商業施設、生活必需品の製造などの職業に従事する人々。

1Cは50歳以上もしくは基礎疾患のある人及び職場でリスクが高いと判断された人。職場には上下水道管理、軍、エネルギー、ケミカル及び危険物取り扱い、コミュニケーションIT、金融、政府関連などが含まれる。

フェーズ2が49歳以下で健康リスクが少ない人となるが、こちらはまだカテゴリーなどが発表されておらず、今後順次発表となる予定だ。

このような細かい区分けがされているがゆえに、現場では混乱が生じている、という。そもそも誰が対象になるのかをリスト化するのが大変な作業だし、病院の患者に至っては再優先なのかその次になるのかを誰が判断するのか、という問題もある。さらにワクチンを投与する側をまず最優先にすべき、との意見もあり、なかなか接種がスムーズに進んでいない。

65歳以上の接種が始まった、と言っても何か公的アナウンスがあるわけでもなく、一体どのような形でワクチンの対象であることを知らせるのかも疑問だ。ホームレスや不法移民で住所登録のない人をどう扱うのかも今後問題となるだろう。

しかもワクチンの副作用や効力についての疑問もあり、すべての人が接種を望んでいるわけではない。ワクチン接種を希望する、と答えている人はまだ全体の58%で、これでも昨年7月の34%と比べると上がってきている。それでも4割強の人はワクチン接種そのものを拒否する、と答えている。

ロサンゼルス郡のワクチン接種ホームページでは上記のフェーズが記されており、メールアドレスを登録すれば最新の情報が送られる、とある。一方で「まだ65歳以上の高齢者への接種は開始していない」と明記されているのに、公衆衛生局が「65歳以上の接種を開始した」と発表するなど、統一性が見られない。

250万人分のワクチンが届いている

カリフォルニア州には250万人分のワクチンが届いている、という。しかし実際に接種したのは数万人だ。政府としても一般受付を開始すれば大勢の人が詰めかけてパニック状態になることを危惧しているのかもしれない。PCR検査でさえ長蛇の列ができているところがあり、かえって蜜になって感染リスクを高めてしまう可能性もある。

また医療の現場からは、ワクチン冷凍の必要があり、モデルナ社のものは通常の冷凍で対応できるが、ファイザーのものは強力冷凍が必須で、管理が難しい、という声も聞かれる。なるべく多くの人に摂取するために、通常の半量ずつ接種を開始して2回摂取する方法と、1回で接種を終える方法のどちらが良いのか、という議論もある。

一部にアナフィラキシーのような強いアレルギー反応が見られることから、接種後の経過観察の必要もあり、ただでさえICU使用率が100%に達しているロサンゼルス郡では医療担当者の数が単純に足りていない。ワクチンは存在しても一気に接種を進めることは技術的に難しいのだ。

しかし世界で比較すれば、イスラエルやアラブ首長国連邦、英国などは米国よりも遥かにワクチン接種が進んでいる。一番被害の大きい国がワクチンの対応も遅い、という現状に苛立っている人は多い。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  2. 2

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  3. 3

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  4. 4

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  5. 5

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  6. 6

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  7. 7

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  8. 8

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

  9. 9

    東京五輪を"ボイコット"する日本国民がこうむる「どえらい逸失利益」

    PRESIDENT Online

    03月02日 12:04

  10. 10

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。