記事

2月復帰戦の瀬戸大也 「スイムキャップのマーク」はどうなるか

瀬戸大也のスポンサーはどうなる?(AFP=時事)

 不倫報道で競技活動を停止していた東京五輪・競泳唯一の代表内定選手、瀬戸大也(26)が帰ってくる。騒動以降、瀬戸は所属先でメインスポンサーだったANAを契約解除、年間数千万~1億円ともいわれる収入を失った。

 約5か月ぶりの復帰戦となるジャパンオープン(2月4日~)だが、成績だけではなく、瀬戸が被るスイムキャップにも視線が注がれる。

 ゴール時などに目立つ選手のキャップには、萩野公介ならブリヂストンやナイキ、池江璃花子ならルネサンスやミズノと、スポーツメーカーのブランドやスポンサー企業のロゴが入るのが通例。瀬戸のキャップにはこれまでANAやarena(デサントが展開する水泳ブランド)のロゴがあった。

 ジャパンオープンではANAのロゴはもちろん外れるが、暫定的な所属先「TeamDaiya」の文字が入るのか、製品ブランドロゴまで消えて無地となるのか。

 スイムウェアなどを提供してきたデサントに問い合わせたところ、「(瀬戸との)契約内容に関してはお答えできませんが、製品の供給は続けています。(2月の大会は)arenaの水着とキャップで出場することになりますが、スポンサーロゴについてはお答えできません」(広報担当)と回答があった。

 今後、どうロゴマークが入るかが、世間が瀬戸の復帰を許容したかのバロメーターになりそうだ。日本水連関係者はいう。

「ジャパンオープンで勝って実力を見せればスポンサーも戻ってくると瀬戸は思っているようだが、そううまくいくかどうか。復帰にあたっての所属先探しも難航した末に、自らの名前をつけたチームを設立したようです」

 瀬戸は荒波を泳ぎ出す。

※週刊ポスト2021年1月29日号

あわせて読みたい

「瀬戸大也」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  6. 6

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  7. 7

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  8. 8

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  9. 9

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  10. 10

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。