記事

「母が信者のおじさんとデート」マルチ商法に人生を破壊された25歳女性のトラウマ

1/2

25歳の蜃気楼さんは、小学校4年生のときに母親がマルチ商法にハマり生活が一変したという。「苦しいことばかりだった」というその生活を、元妻がマルチ商法にハマったという会社員のズュータンさんが聞いた――。

※本稿は、ズュータン『妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。』(ポプラ社)の一部を再編集したものです。

ひとりぼっちで膝を抱えて悲しむ少年
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/spukkato

■「私が小4のとき、母は信者になった」

2017年、もうすぐクリスマスという頃、蜃気楼さんというアカウントのツイートに目が留まった。

蜃気楼さんのツイートには、小学生のときに母親がX社にハマり両親が離婚したこと、その後、母親の借金で生活が苦しくなったこと、X社のサプリを強制的に飲まされていたこと、それが原因で自殺未遂をしたことなどがつづられていた。

マルチ商法会員の子ども、いわゆるマルチ商法2世の声だった。幼稚園の頃に別れた僕の娘も小学生になっている。

マルチ商法では、子どもたちがどういう思いをしているか、子どもの視点から語られることはない。僕にとって蜃気楼さんの声を聞くことは、離れて暮らす娘の声を聞くことのような気がしていた。

年の瀬も押し迫っていたが、蜃気楼さんの声を聞かずにはいられない。僕は気がつくと蜃気楼さんにDMでインタビューのお願いをしていた。蜃気楼さんは「私の語彙(ごい)力でどこまで伝わるかわかりませんが協力させてください」と、こころよく了承してくれた。

「母が本気でマルチ商法X社にのめり込むようになったのは私が小学4年生のときでした。小4からの想い出はX社一色です。苦しいことばかりだったけど、誰かに話してもわかってくれなかった。誰も私に手を差し出してくれなかった。X社の話をすれば私が嫌われてしまうから、友達や身近な大人にも相談できず、自分ひとりで抱え込んでいました」

■料理教室に行ったらトラウマが蘇ってしまった

現在は結婚し、お母さんと縁を切ったことで平穏な毎日を過ごせるようになった。だが、最近知りあって間もない友達に誘われた料理教室でX社の勧誘に遭い、当時の記憶が蘇ってしまった。それまで自分のなかに閉じ込めていた感情を蜃気楼さんはツイートしたのだ。

「料理教室で使われている製品、そして室内にあるものを見渡してみると、ひとつひとつに見覚えのあるX社のロゴがありました。その瞬間、すべてを悟り身構えました。料理教室に誘ってくれた友達は、すごく明るくて、めちゃくちゃいい子なんです。だから私の母のようになって将来をつぶしてほしくない。だけど止めることはできないこともわかっていました」

「止めることはできないことがわかっている」とは身をもって経験しないと出てくる言葉ではない。

芝生のうえで、ひとり膝を抱えて泣いている少女
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Hakase_

「母がX社をはじめたきっかけは、母の弟、つまりおじさんからの紹介です。母はX社にハマるとすぐに、いろんな製品を買いはじめ、あっという間に家はX社製品で溢れかえりました。みんなを幸せにすると言い出し、ありとあらゆる知人への勧誘がはじまりました。すると生活も一変しました。家庭が崩壊し、母子家庭となり、借金に苦しめられる毎日がはじまりました。それでも母はX社をやめることはありませんでした。そのことで私自身が病んでしまい自殺を図りました。だから、このX社のロゴにはトラウマがあったんです」

■「昔のお母さんが大好きでした」

マルチ商法をはじめる前のお母さんは家族想いの優しい人で、食事は魚や野菜が中心で家族の栄養にとても気をつかっていた。昼間は工場でパートをして家族を支えてくれていた、そう話す蜃気楼さんに、僕もハマる前の元妻のことをそんなふうに誰かに話していたことを思い出した。

「お母さんは明るくて素直で、もしかしてとても綺麗な人だったんじゃないですか?」と尋ねると、「すごい! どうしてわかるんですか?」と驚かれた。「美人かどうかはわかりませんが、声が綺麗で、よく絵本を読んでくれました、昔のお母さんは大好きでした! すごく明るくて、人のことを無条件で信じる、行動的な人でしたよ!」と懐かしそうだった。

「でも、X社は大嫌いでした。だからX社が大好きな母のことも大嫌いになってしまいました。もともと、父と母が仲良くしていた記憶があまりないんです。母がX社にハマってからは、あからさまに父へ厳しい態度を取るようになりました。特に怒りっぽくなったのはX社をはじめて間もない頃。X社にハマるほど、父への態度がキツくなっていく母が怖くて、私はずっと父と一緒にいました。父も家に居場所がなかったんだと思います。私と父はふたりでいろんなところに出かけました。映画館とか、喫茶店とか。それが母の目には、『父親の味方をする娘』と映り、気に食わなかったのか、徐々に私への風当たりも強くなっていきました」

■マインドコントロールされ、グループリーダーの名前を連呼

お母さんは父親と仲の良い蜃気楼さんへ嫉妬したのかもしれない。娘を我が物にし夫を疎外するケースは、マルチ商法にハマる主婦の話を聞くなかで、よく出くわす。そして小学4年生の蜃気楼さんでもすぐにわかるぐらい、お母さんの様子はおかしくなっていく。洗剤を手はじめとして、空気清浄機、浄水器、鍋、調理器具、食品関係、サプリメント……、家のなかにX社製品が増えていった。

「なんかお母さんヤバい!」

「頻繁に『X社』と連呼するので、『なんかお母さんヤバい!』と恐怖を覚えるようになりました。急に機嫌が良くなったり悪くなったりを繰り返して、その変化についていけなくなりました。X社の話をしているときはすごく楽しそうだけど余裕がないと、私は子どもながらに感じていました」

蜃気楼さんは強制的にX社の集まりに連れ回され、そこでお母さんがX社のグループリーダーに「マインドコントロール」されている印象を受けていた。お母さんは、40代の女性で夫婦そろってX社に取り組んでいるグループリーダーを崇拝し、家でも「○○さんがっ! ○○さんがっ!」と壊れたロボットのように口にしていたという。そのグループリーダーに「普通の人は時間と引き換えにお金を手に入れるけど、X社は売りまくれば権利収入でお金が手に入るから、会員増やすのがんばってね!」と言われたり、「明日ハワイ行こう! と思ったときに行ける人生にしましょう!」と言われ、恍惚(こうこつ)としていたお母さんの表情を昨日のことのように覚えているという。

■小学校の担任の先生にまで勧誘を…

「それから母は、手あたりしだいにX社の勧誘をするようになりました。友人知人はもちろん、私の同級生のお母さん、さらには小学校の担任の先生まで勧誘していたんです。母の友達や、母の母(おばあちゃん)が『やめたほうがいいよ』と説得していましたが、母は聞く耳を持ちませんでした。父も何度も母に説得していたんです。そのたびに母はヒステリーを起こして。父は疲れ果て、つらそうにしていました」

お父さんとお母さんが離婚したのは蜃気楼さんが小学生5年生のとき、お母さんがX社をはじめてから1年ぐらいした頃だった。

「最後に父と行った映画は『ハリー・ポッターと秘密の部屋』でした。その帰りの車で『お母さんとお父さんどっちか選ばなきゃいけなくなったら、どうする?』と聞かれたんです。私が『お父さんは?』と聞き返すと、父は黙り込みました。そのまま父も私も無言で家に帰りました。その翌日、父と母は離婚しました」

■母にされた恐怖の出来事

離婚することで蜃気楼さんは「これでお母さんと離れられる!」と希望を持った。だが、お母さんと離れお父さんと暮らすという蜃気楼さんの希望はかなわず、お母さんのもとに残ることになる。離婚したことでタガが外れてしまったのか、お母さんは、ますますX社にのめり込んでいき、蜃気楼さんにもX社の良さを伝えようと必死になった。「すぐに思い出せるだけでも……」と、お母さんの必死ぶりを物語るエピソードを話してくれた。

1 強制的に飲まされるサプリメント

嫌がっているのに「あなたのために」と言われて無理やり飲まされていた。こんな味のしないサプリメントよりも、今まで作ってくれたご飯のほうが私は好きだった。母はX社にハマってからはX社の鍋でご飯を炊いていた。でも私はX社の鍋で炊いたご飯よりも、いつでもあったかい炊飯器で炊いたご飯がよかった。

2 夜なのにX社製品デモパーティに引きずりまわす

行きたくなかった。参加してる大人は何かに取り憑かれたみたいに、みんな目が怖かった。本当は仲良くないのに、うわべだけの気持ち悪い仲良しごっこをしているということが、小学生ながらにわかり恐怖でいっぱいだった。

3 X社信者にしてこようとする

X社のお口スプレーをキーホルダーにして、持たせられていた。要は子どもに歩く宣伝をさせていた。X社の看板を小学校に持って行かせられていた。怖すぎる。

あわせて読みたい

「マルチ商法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  2. 2

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  3. 3

    「都の対策は“何周遅れ”なの?」迫りくる第4波…小池都政に安心材料はほとんどない - 石戸 諭

    文春オンライン

    04月21日 08:44

  4. 4

    世界各国で「祝日変更」の動き コロナ感染拡大を封じ込めることはできるのか

    NEWSポストセブン

    04月21日 09:01

  5. 5

    なぜ日本は海外ワクチンの調達が遅いのか

    舛添要一

    04月21日 11:50

  6. 6

    「参院広島再選挙」後、被買収議員の起訴は確実!「政治×司法」の権力対立が発端の「激震」が続く

    郷原信郎

    04月21日 11:57

  7. 7

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  8. 8

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  9. 9

    Appleが極薄の「iMac」発表 5月後半から発売開始

    ABEMA TIMES

    04月21日 08:17

  10. 10

    ワクチン接種 そこそこ急性の反応はあり 変異株 緊急事態宣言はどこまでが妥当?

    中村ゆきつぐ

    04月21日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。