記事

56年続く“駅弁甲子園” 開催にこぎつけたスタッフたちの奮闘

「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」の開催にあたり、様々な工夫が

 駅弁の甲子園と呼ばれる京王百貨店新宿店「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」は2021年で56年続いているが、今年は様々なコロナ感染防止対策を講じての開催となった(1月20日まで)。同店食品催事売場の統括マネージャー、堀江英喜氏が説明する。

【写真6枚】客が並んだ京王百貨店新宿店。スマホで整理券の呼び出しなど、様々な対策を講じる様子

「百貨店の本来の使命は多くのお客様に来ていただくことですが、コロナ禍ではお客様を集め過ぎてはダメという命題があります。混雑を避けるため、初めて3会場に分散し、ウェブでの駅弁の事前予約・決済をはじめ、冷凍駅弁のネット販売も新たに始めました」

 通路に人が溢れる前回大会の売上高は約6億円と、百貨店の物産展では最大規模。7階の大催場のほか、ブース出展のない「輸送駅弁コーナー」を5階特設会場に置き、中地階にも会場が設けられた。

 また専用サイトで事前予約・決済をした駅弁は指定日時に5階「お渡し場」で受け取り。それでも混雑が危惧された7階大催場については、入退場口を分けてセンサーで入場人数を把握し、混雑時は整理券を配布して入場制限を行なっている。

 開幕当日夕方に緊急事態宣言が1都3県に発令され、翌日から営業時間を当面、夜7時までに短縮して対応している。帰省や旅行の自粛を余儀なくされる中での大会は、故郷の味や旅情を楽しめる駅弁を家でゆっくり味わってほしいとの思いで開催されている。

撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2021年1月29日号

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    無理筋な「イラネッチケー」裁判判決

    自由人

    03月06日 18:09

  3. 3

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  4. 4

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  5. 5

    菅総理が知らないブラック霞が関

    千正康裕

    03月06日 17:18

  6. 6

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  7. 7

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  8. 8

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  9. 9

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  10. 10

    解呪と供養のためにシン・エヴァンゲリオンを観に行く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    03月06日 17:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。