記事

“涙の謝罪”華原朋美 コンビニ飯12品ドカ食い「こんな時間にいけないぞと思いながらも…」 - 「週刊文春」編集部

1/2

「生チョコ仕立てのクレープ~」

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

「お餅で巻いたもち食感ショコラロールで~す」

 ハイテンションでコンビニスイーツにかぶりつくのは、少しふっくらとした印象の華原朋美(46)である。

ナチュラルローソンでほぼ全ての食事をまかなう華原

 12月15日にYouTubeにアップされた動画。

「こんな時間にいけないぞと思いながらも買ってきてしまいました~」と前置きしてアイス、プリン、モンブラン、果てはコーンフレークとフルコースで食べて見せたのだった。

 さらに12月2日にも、「コンビニの美味しい食べ物」という動画でキムチ鍋ほか、12品を食べながら紹介してみせた。

「実は彼女、自宅そばのナチュラルローソンでほぼ全ての食事をまかなっているんです」(華原の知人)

 YouTubeで定番の食レポ・大食い動画だが、視聴者が心配してしまうのは最近の“騒動”があったからだ。

 2020年9月11日発売の「フライデー」に、友人のバイオリニスト・高嶋ちさ子から紹介されたベビーシッターが華原の息子を虐待していたとする記事が掲載。息子の足首を持って逆さ吊りにした状態の監視カメラの画像もあり、華原は「高嶋さんのことは信頼していただけに、ショックです」と怒りを露わにした。

契約解除は実質“クビ”だった

 そこから事態は急展開。9月14日、のべ20年間所属してきたプロダクション尾木が8月末で華原との契約を解除したと発表する。華原からの申し出とのことだったが、「週刊文春」の取材では長年多用してきた精神安定剤や睡眠導入剤をやめられず、仕事がまともにできない状態が続いたことから、実質的なクビだったという。実は少なくともここ1年で3度、自ら運転する車で交通事故を起こしてもいる。

 契約解除発表の日、華原は「週刊文春」の取材に、息子を妊娠してから薬は飲んでいないと否定し、虐待については雄弁に主張した。

あわせて読みたい

「華原朋美」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事の3つの嘘とそれを突かないマスコミの欺瞞

    青山まさゆき

    03月09日 09:33

  2. 2

    ウーバーイーツ、報酬3割減に組合が怒り 安すぎて"配達拒否"する人も

    キャリコネニュース

    03月08日 20:58

  3. 3

    女性政治家・候補を無理やり数だけ増やそうとすると…?ジェンダーギャップの解消に向けてできること

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月09日 09:11

  4. 4

    やっとメディアが報道しはじめた小池知事の行動 1年経っても7割がウイルスに不安

    中村ゆきつぐ

    03月09日 08:31

  5. 5

    「負け組」と言われたソニー半導体事業 売却検討からの逆転劇

    fujipon

    03月09日 10:44

  6. 6

    涙で明かす葛藤。私は震災を語っていいのか…乃木坂46久保史緒里、故郷・宮城への思い

    塩畑大輔

    03月09日 10:00

  7. 7

    メディアが報じない薬物事件のリアル 高相被告が再犯をしないために続けていた努力

    阿曽山大噴火

    03月09日 08:05

  8. 8

    複雑化した社会で機能崩壊しつつある民主主義 いまや先進国の重大な疾病に

    ヒロ

    03月09日 12:11

  9. 9

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  10. 10

    「高須院長は被害者」愛知県リコール不正署名事件、第一発見者・水野昇さんが告発する“黒幕”の動機

    SmartFLASH

    03月09日 13:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。