記事

《桑田巨人復帰の真相》“キングメーカー”原辰徳がけん制した「次期監督気どりのオレ様」とは? - 「文春オンライン」特集班

1/2

 春季キャンプ目前の1月12日、「桑田が巨人復帰!」というサプライズニュースが飛び込んできた。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 日本一奪還を掲げる巨人の原辰徳監督(62)が、OBの桑田真澄(52)の1軍投手チーフコーチ補佐就任を電撃発表。“ポスト原”は現在2軍監督を務める阿部慎之助(41)が既定路線とみられていたなかで、次期監督レースに桑田真澄という対抗馬が急浮上した人事でもあった。

桑田「うれしかった。その一言」

 ことの始まりは、昨年12月28日に行われた山口寿一オーナーと原監督のトップ会談。その席で原監督が桑田招聘を提案し、山口オーナーが同意した。原監督は桑田について「ジャンイアンツOBで非常に気になる後輩がいる。選手はもちろん、すべてにおいて戦力になってもらいたい人」と熱く語ったと言われている。年明け5日に原監督と桑田の会談が実現し、熱烈なラブコールを受けた桑田本人も「うれしかった。その一言に尽きます」と二つ返事でコーチ就任を引き受けた。


桑田真澄氏 ©️文藝春秋

 15年ぶりに巨人のユニフォームに袖を通すことになった桑田だが、今回のコーチ入閣は異例続きだった。通常、コーチスタッフの選定はシーズン終了直後から動き出し、年内には正式発表される。実際、巨人も昨年12月2日には2021年度のコーチ陣を発表している。にもかかわらず、春季キャンプ直前に“桑田入閣”が発表された裏には、「原監督と阿部二軍監督の微妙な関係がある」と球団関係者は語る。

「後継者の育成」がテーマ

「原監督は2018年のオフに3度目の監督に就任する時、『勝つこと』と『後継者の育成』という2つのテーマを掲げました。後継者の候補として想定されていたのは松井秀喜(46)と阿部慎之助でしたが、松井は監督のポストに興味を示していません。そこで阿部に白羽の矢が立ったのです。

 原監督は2019年に阿部引退の花道を用意し、2020年からは2軍監督として“政権禅譲”の準備を着々と進めてきました。阿部もその期待に応えようと2軍監督の職務に励んでいます。しかし、絶対的なボスとして君臨したい原監督と、“オレ様”感が強く不遜な態度を隠さない阿部の相性は実は微妙。監督と選手の時は問題にならなくとも、スタッフ同士になったことで問題が再燃しました。そもそも現在の巨人のコーチ陣には次期監督を任せられる“格”の選手が阿部以外におらず、阿部本人も『次は俺に決まっている』と思っていたはず。その甘えをけん制する奇策が『桑田招聘』でした」

元木や宮本に監督は荷が重い

 阿部の2軍監督としての評判は決して悪くない。指導法が古いとも指摘されているが、熱血漢で人望もある。現役19年間で通算2132安打、本塁打406本、正捕手として8度のリーグ優勝と3度の日本一に貢献した実績も圧倒的だ。

 原監督を支える元木大介(49)や宮本和知(56)はコーチとしての評価は高いが、巨人内で監督候補とは目されていなかった。しかし、桑田真澄となれば話は別。桑田は十分に監督を任せられる“格”であり、阿部にとっては現実的な競争相手になる。

「次期監督の大本命が阿部であることは揺るがないでしょう。原監督のプランとして、おそらくあと1~2年で監督を辞めて、その後は長嶋茂雄終身名誉監督のようなキングメーカーになりたいという考えがある。裏から影響力を行使するためには、自分の言う事を聞く監督でなければダメ。桑田の頑固さ、個人主義を原監督は熟知しているので、実際に後任に据えることは考えづらいです。

 とはいえ桑田がコーチとして実績を残せば、監督候補として“桑田待望論”が高まるのは必然。つまり競争相手を用意することで、阿部に対して『俺は監督を選べるんだ。ちゃんと言う事を聞けよ』というメッセージを発しているんです」(前出・球団関係者)

あわせて読みたい

「読売巨人軍」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事の3つの嘘とそれを突かないマスコミの欺瞞

    青山まさゆき

    03月09日 09:33

  2. 2

    ウーバーイーツ、報酬3割減に組合が怒り 安すぎて"配達拒否"する人も

    キャリコネニュース

    03月08日 20:58

  3. 3

    女性政治家・候補を無理やり数だけ増やそうとすると…?ジェンダーギャップの解消に向けてできること

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月09日 09:11

  4. 4

    やっとメディアが報道しはじめた小池知事の行動 1年経っても7割がウイルスに不安

    中村ゆきつぐ

    03月09日 08:31

  5. 5

    「負け組」と言われたソニー半導体事業 売却検討からの逆転劇

    fujipon

    03月09日 10:44

  6. 6

    メディアが報じない薬物事件のリアル 高相被告が再犯をしないために続けていた努力

    阿曽山大噴火

    03月09日 08:05

  7. 7

    涙で明かす葛藤。私は震災を語っていいのか…乃木坂46久保史緒里、故郷・宮城への思い

    塩畑大輔

    03月09日 10:00

  8. 8

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  9. 9

    複雑化した社会で機能崩壊しつつある民主主義 いまや先進国の重大な疾病に

    ヒロ

    03月09日 12:11

  10. 10

    官邸で“令和の2・26事件”勃発! 「不思議な口癖」で分かった菅首相の答弁能力は国難じゃないでしょうか 「いら立ちを抑えながら反論する場合に用いられる言い回し」 - プチ鹿島

    文春オンライン

    03月09日 09:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。