記事

大坂なおみに「君はキャンドルだ」と声をかけたら…松岡修造が語る、トップアスリートの素顔 松岡修造さんインタビュー #1 - 平田 裕介

1/2

 新型コロナの流行に、東京オリンピックの延期……暗いニュースが続いた2020年を“日本一熱い男”松岡修造はどう受け止めたのか。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 数々のアスリートに取材してきた松岡は、「ネガティブに見えるものにもポジティブが隠されている」と語る。『「弱さ」を「強さ」に変える ポジティブラーニング』を上梓した松岡に話を聞いた。(全3回の1回目/2回目に続く) 


松岡修造さん

◆ ◆ ◆

トップアスリートはネガティブなもののとらえ方が優れている

ーーテニスの錦織圭さん、競泳の池江璃花子さん、フィギュアスケートの羽生結弦さんなど、各競技のトップの方々にお話を伺っておられます。優れたアスリートほど、意識や訓練をせずとも“ポジティブな思考法”を取っているような気もするのですが。 

松岡 個人的な意見になりますが、基本的にはみなさんとそれほど変わらないと思います。でも、決定的に違うのは、挫折やネガティブなもののとらえ方ですね。トップに立つ人のほうがそのネガティブなものに対応する力が大きいんです。

 周囲の期待やプレッシャーというものがより大きいからこそ、悩みや不安も比例して大きくなる。それらをどうすればポジティブにとらえることができるのか。その向き合い方、考え方が優れているように感じます。この点がトップアスリートになるためには必要なんだと思いますね。

 今回の本で選手のみなさんが出してくれたポジティブな思考法は非常にシンプルであって、誰でも真似ようと思えばできるものだと思います。 

ーー才能や努力といった部分だけで語られてしまいがちなトップアスリートたちも、“弱さ”という極めて人間的なものを抱えていることが伝わる内容にもなっていますね。 

松岡 読む人によってそれぞれ捉え方は違うと思いますが、そこも感じてくれるとうれしいですね。「誰もが弱くて良いんだ」「誰だって挫折があっていいんだ」ということを伝えたい。それが読んでいる人にとってもひとつの安心感になると思うので。弱さは悪いことじゃないんですよね。弱いと気づくからこそ、その弱さをどうやったら前向きにしていけるかを考えられるわけです。

 登場する7人は、誰一人として生まれついてのポジティブ・アスリートではありません。どちらかといえばネガティブで、常に前向きなんてこともありません。そこが一般の人たちにとって、最も共感できる部分ではないでしょうか。彼らもネガティブな部分があることが、この本のポジティブなポイントになっていると思います。

ーーアスリートの方々と真摯に向き合って学んだ思考法をご自身のライフスタイルに取り入れてきたそうですが、彼らも松岡さんの前向きな姿勢から影響を受けている様子はありませんか? 

松岡 相手になにかポジティブなものを与えようと考えたことはないですし、与えていると感じたこともないですね。

 選手にインタビューしていていつも感じているのは、彼らは僕に話しているんじゃなくて、自分自身に向けて話しているということ。「こういうふうに考えていた」「実はあの時、こうでした」と、これまで言葉にしてこなかったことを吐き出しながら「こう思えば、前向きになれるんだな」「だったら、あの時はこうやっておけばよかったんだな」と自己解決しているのがわかるんですよ。

 自分のネガティブな部分を語りながら、それをポジティブなものに切り替える方法を探し出している感じでしょうね。だから、僕のほうから「こうしたら?」なんてことは一切言わないです。 

大坂なおみの前でローソクに火をつけた

ーー松岡さんならではの語感といいますか、言葉に対するセンスも今回の著書の魅力になっています。大坂なおみさんの章で、彼女にインタビューした際に彼女のことを“なおみキャンドル”と名付けたと書いています。《キャンドルに炎が灯っているときは誰も手をつけられないほど強いが、自分のプレーがうまくいかなくなると、その炎は大きく揺れて消えそうに》なる感情の起伏から取ったネーミングとありましたが、ご本人の反応はいかがでしたか。 

松岡 2018年にインタビューさせていただいた際には、ちゃんと自分でローソクを用意して持っていきました。“なおみ”と書いたローソクに火をつけて、「なおみさん、僕はあなたをこのローソクにたとえました。あなたはいきなり試合中にフッと自分で炎を消してしまいますよね。この炎をずっと保っている時はメチャクチャ強いのに、どうして消しちゃうの?」と訊ねました。

ーー大坂なおみさんはどうお答えになったんですか? 

松岡 僕の持っているローソクの火を吹き消しました。いきなり、フッと。 

ーーお茶目ですね。 

松岡 そうなんですよ。なおみさんらしい感性がすごく良くて。ずっとその炎を保ってもほしいのですが、消えるときがあるからこそ、保った時の力のスゴさを感じることができますし、そうした感情の起伏が彼女の人間的な魅力にもなっているわけですから。

 ずっと保っていたら機械みたいなものですよね。「この人は絶対崩れません」みたいな人は、人間らしさや共感できる部分がなくて見ていても面白くないのではないでしょうか。キャンドルのように消えたりついたりする部分に彼女の良さを一番感じたからこそ、“なおみキャンドル”と名付けたんです。

あわせて読みたい

「松岡修造」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  3. 3

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  4. 4

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  5. 5

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  6. 6

    菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

    郷原信郎

    03月01日 12:08

  7. 7

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  8. 8

    <コロナ時評・医療のシステム難民を救え>保健所半減のツケがもたらすもの

    メディアゴン

    03月01日 08:29

  9. 9

    10万円給付金問題 ついに政府が現金支給を検討へ 3月中に支給対象世帯を議論する予定

    藤田孝典

    03月01日 16:43

  10. 10

    【読書感想】だからヤクザを辞められない―裏社会メルトダウン―

    fujipon

    03月01日 10:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。