記事
  • 階猛

経済的には全国が「緊急事態」-事業者支援の拡大が必要



13日、政府は緊急事態宣言を発令する地域に7府県を追加し、計11都府県となりました。それ以外にも新型コロナの感染拡大を防ぐため、独自に飲食店の営業時間の短縮を要請している地域が北海道や宮城など11道県(18日から13道県に拡大)あります。

緊急事態宣言地域の飲食店については、営業時間を午後8時まで(酒類提供は午後7時まで)に短縮した場合、1店舗につき1日最大6万円の協力金を地方自治体から支給され、その費用の8割を国が地方自治体に支援します。それ以外の地域の飲食店については、その地域と国とで協議して決めた営業時間短縮に協力した場合、1店舗につき1日最大4万円の協力金を地方自治体から支給され、その費用の8割を国が地方自治体に支援します。

さらに、緊急事態宣言地域の飲食店に食材や飲料、資材を直接販売したり商社等を通じて販売したりしている中小事業者や、緊急事態宣言地域の旅館、交通業など外出の自粛の影響を受けている中小事業者については、今年1月か2月の売上高が前年の同じ月の半分以下になった場合、1~2月の減収分の支援金として最大40万円(個人事業者は最大20万円)が国から支給されることになりました。

要は感染拡大が深刻な地域であればあるほど事業者への支援が手厚くなります。逆に岩手のように感染拡大が比較的抑えられ、営業時間短縮を要請するに至っていない地域では事業者への支援は乏しくなります。果たして、この対応は適切なのでしょうか?

感染拡大が抑えられている地域で経済も順調なら、支援が乏しくても問題はないはずです。ところが、岩手県内の事業者にお話を伺うと、今回の緊急事態宣言が発令される前から客足が減り、発令後はさらに厳しくなったとの声が多数でした。飲食店の中には、「緊急事態宣言の地域に比べて支援が乏しいのは納得がいかない」との声もありました。

確かに、現在感染が抑えられている地域は、11月下旬から12月上旬の「勝負の3週間」から外食や外出の自粛に積極的に取り組み、感染拡大の防止に努めてきた成果が表れているとも考えられます。そして、他地域の緊急事態宣言後も自粛が続いているとなると、むしろ事業への打撃は、緊急事態宣言の地域に比べて大きくなっている可能性があります。

少なくとも前述した国の制度のうち、1日最大4万円の時間短縮営業の協力金に関する財政支援や、2か月分で最大40万円の減収支援金については、地方自治体とも協力して全国の中小事業者に拡大するべきです。新型コロナの感染拡大は地域によって差がありますが、経済的には全国が「緊急事態」であることを忘れてはなりません。

あわせて読みたい

「緊急事態宣言」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【ご報告】地域政党「あたらしい党」代表と、東京維新の会の副代表を辞任いたします

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 20:52

  2. 2

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  6. 6

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  7. 7

    国産のウイスキーが2200万円で落札されました

    内藤忍

    02月27日 11:19

  8. 8

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

  9. 9

    これでも「侵害」になってしまうのだとしたら、それをリスクと言わずして何と言おう・・・。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    02月28日 19:16

  10. 10

    「中国海警法は国際法違反」共産党・志位委員長発言に自民議員も喝采

    NEWSポストセブン

    02月28日 19:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。