記事

アングル:中国債の指数組み入れ、日本から慎重論 国内感情に配慮か

佐野日出之[東京 15日 ロイター] - 世界的な債券のベンチマークに中国国債を組み入れることに対し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など日本の一部投資家が難色を示している。人民元に兌換性がないことなど技術面の問題を懸念したものだが、市場参加者の間では、原因として日本国内の対中感情を指摘する声もある。金融商品の指数を算出するFTSEラッセル社は昨年9月、中国国債を世界国債インデッ...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。