記事

『進撃の巨人』にそっくり!? 実現しなかった『エヴァンゲリオン』幻の完全新作劇場版 - 長山 靖生

1/2

 1995年に放送され、社会現象にもなったアニメ『エヴァンゲリオン』。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け公開が再延期されたが、シリーズ最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』も企画されており、四半世紀以上たった今でも多くの注目を集め続けている。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

2016年、上海で開催されたイベントに展示された際のエヴァンゲリオン像 ©時事通信社

 この伝説の作品がどのようにして生まれたのか。企画段階から放送当時、そして存在した幻の新作劇場版について、『ゴジラとエヴァンゲリオン』(長山靖生著、新潮新書)より抜粋して引用する。

◆◆◆

『エヴァ』の原案は1991年頃に着想され、その企画が通って具体的な製作がはじまったのは、放送開始の2年前だった。その間に漫画版の連載がはじまる一方、TVアニメ『エヴァ』の第壱話から第拾弐話までが作られた。

 そこで本放送が開始されたので、最終話までの残り14回分は約半年の期間で作らねばならない勘定だ。画質を保っていては製作不可能なことは、初めから分かっていた。それでも第拾九話までは、ある程度のクオリティーで作れたが、第拾伍話の段階でスケジュール管理は既に崩壊しており、スタッフの疲弊は限界に達していた。

 リタイアする者も現われ、第弐拾壱話の頃には、当初考えた形での完成は無理だとはっきりした。徹夜続きの庵野監督自身がいちばん消耗していると知っていたから、多くのスタッフは我慢したが、ある関係者は「家族を捨てるか、『エヴァ』を捨てるか、ってくらいキツイ状況」と後に話してくれた。だから最終二話があのような画面構成になったのは、やはり作画が追いつかないのも一因だった。

「5点の終り方をするくらいなら、マイナス100点のものを」

 また元々考えていた最終二話のアイディアは、子供向けアニメとしては衝撃的すぎ、局側からクレームが出たとも噂されている(たとえば「最終回から一個前は、最大限のドンパチをやっちゃう」予定だったと庵野監督が洩らしている)。最終話の脚本が出来たのは打上げ後で、作画は実質3日しかなかった。

 TV放送が終了後の96年4月28日の「SFセミナー」で、庵野監督は「ものすごく大変な内容、用意していたんですよ。もうこれ以上は無理だというのがあったんです」と語っている。詳細は語られていないが、「劇場版」(今は「旧劇場版」と呼ばれているが、本章では「新劇場版」企画以前の時代を扱うので、「劇場版」という公開当時の名称を用いる)の原型だったと思われる。

 作業速度が落ちるなか、庵野監督は未完成のまま放送を打ち切り、完結編はレーザーディスクやビデオのみという形も考えた。あるいは「人類補完計画」の謎は置き去りにし、アスカが回復してシンジも心の負担が軽くなるといった無難な収束もあり得た。しかしそんな「5点の終り方をするくらいなら、マイナス100点のものを」というのが、あの結末だったと庵野監督は語っている。

苦悩する作者

 番組制作の末期、監督は鬱状態に陥り「死にたい」と繰り返して周囲をいっそう苛立たせた。それはTV放送終了後も続き、感情の振幅の大きさにスタッフは困惑した。

 庵野は『スキゾ・エヴァンゲリオン』で、自殺願望が昂じて一度はガイナックスの屋上に立ち、実際に飛び込めるか試してみたと述べている。これに対して『パラノ・エヴァンゲリオン』では、キャラクター・デザインを担当した貞本義行とアニメーターの摩砂雪が「ちょっとあいつの罠なんじゃないかなって(笑)」「そんなに苦労してるとは、思っちゃいけないんですよ(笑)」と茶化している。

 しかしそういう「苦悩する作者」がファンを魅了するのは昔からの定番だ。ドワンゴの川上量生会長は庵野監督を評して「殉教者の目をしている。世間の人が考えるクリエイターらしい特徴をすべて備えている」と述べている。ここで「いっしょに死んであげる」的女性や、「来世までも付いて行きます」的弟子が出てくると、太宰治や三島由紀夫みたいなことになりかねない。自殺願望アピールは回避行動でもあるので、庵野監督の周囲にそれを笑ってくれる仲間がいたのは幸いだった。

あわせて読みたい

「エヴァンゲリオン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総務省違法接待は菅首相の報復人事と霞が関幹部私物化が発生源、現場の国家公務員はお茶菓子も食べない

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  4. 4

    “接待問題”めぐり東北新社の二宮社長が辞任 菅総理長男は懲戒処分

    ABEMA TIMES

    02月26日 18:52

  5. 5

    菅首相は山田広報官を更迭せよ ~強権と縁故主義の安倍-菅政治の終焉~

    鈴木しんじ

    02月26日 19:12

  6. 6

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  7. 7

    夫婦別姓に反対の丸川珠代大臣「自分は旧姓使用」に疑問の声

    女性自身

    02月26日 14:39

  8. 8

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  9. 9

    もう一度考えてみる オリンピックって何だろう?

    ヒロ

    02月26日 10:38

  10. 10

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。