記事

コミュニティー化の行きつく先は「会員制」【緊急事態宣言】

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

先月こちらのブログにも書いたように、飲食店の生き残りの1つの方向が「コミュニティ化」です。

不特定多数を相手にするのではなく、飲食店を「コミュニティ」と位置付け、お店の利用をリピートすることで、定期的に食事とお酒を提供してもらっているようなイメージです。

私が経営するSHINOBY’S BAR 銀座でも、緊急事態宣言でも来店してくれるお客様は、プレミアムクラブと呼ばれるお店のコミュニティーに参加してくれている方がほとんどです。会員制ではありませんが、新規顧客よりも常連客に支えられています。

先日出かけたワインバー(写真)は、看板もなく住宅地にポツンとあり、一見さんが入ってくることは絶対にありません。完全な会員制で、店主と常連客が友達のように楽しんでいました。ここまでコミュニティ化を徹底するのも、選択肢の1つかもしれません。

このようなコミュニティー化の流れは、飲食店に限りません。

私は、資産設計実践会という150名の個人投資家のグループを作っていますが、こちらもまさにコミュニティーという名前がふさわしい組織です。

投資家グループといっても、個別銘柄推奨のような投資助言行為は一切行っていません。アセットアロケーションや、一般には知られていない実物資産の投資対象などの情報をシエアしています。

参加している個人投資家の多くが、投資情報が得られることだけではなく、一緒に参加している個人投資家の人たちとの交流に高い満足度を感じているのが印象的です。資産運用には、情報や知識だけではなく、仲間がいることがとても重要だとつくづく感じます。

どんな分野でも、コミュニティー化が進めば進むほど、中にいる人といない人で情報格差がついてくる。これだけは確かです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年1月15日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  7. 7

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  8. 8

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  9. 9

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。