記事

「男女の友情は存在するか?」がなぜ愚問なのか

神スイングのときから大ファン(かなりベタな導入)である稲村亜美ちゃんが直火で炙られる程度にはヤフコメで炎上していたので、今年初エントリーとして猛烈擁護フルスイングエントリーをしたためたいと思う。

「男女の友情は存在するのか?」という問いがある。

しかし、お題目を自ら掲げておいて早速で申し訳ないのだが、この問いを、ぼくはそもそもバカにしている。正確には、この問いを立てる人間を、だ。

未だに、飲み会でこの話題に言及しようとする輩がいる。あーだこーだしょーもないことを散々述べたあげく、「やっぱり永遠に答えの出ない問いだよね~」などと勝手に結論付けるバカである。そういうのに遭遇すると、反射的にそこにあるなんこつの唐揚げを2つの鼻の穴にぶちこんでやろうかと思ってしまったものである(自粛前の話です)。

だから、ここでぼくがつづっていきたいのは、「男女の友情は存在するか」ではない。「未だに『男女の友情は存在するか』という問いで盛り上がるやつはなぜバカなのか」だ。

肉体関係/友情というゼロサム関係の誤謬

彼らがなぜバカなのか。それは「自分の立っている前提に気づいていない」ことに由来する。

どういうことかというと、「男女の友情は存在するか」という問い立てには、まるで「男女の友情」と「セックスをする関係」がゼロサムの関係(あちらが立てばこちらが立たず)にある、という発想、というよりも思い込みが前提に隠されている。

図にすると、つまりこういうことだ。

「男女の友情は存在しない」とする人の脳内の図解

そのように、「友情」に関する“要件定義”を暗黙裡に受け入れているがゆえに、「男女の友情は存在するか」という問いが成り立つのである。

しかし、「セックス」と「友情」は両立し得ないというのは思い込みで、ある意味「現代の心身二元論」といえる。

この前提のもとにある「男女の友情は存在するか」という問いを立てていること自体、その人は自分の偏狭な倫理観であることを問い直さなけばならない。それに気づいていないから、ここで「バカ」だというのである。

こうした思い込みから自由な人間からしたら、「男女の友情は存在するか」という問い自体がいかにナンセンスで、「問いとして成立していないか」が分かるだろう。そもそも、それは二者択一ではないのだ。

「男女の友情は存在するか」という問いを立てる人は青い網目の部分が想像できない

さらにいえば、セックスだけではない。

セックスすること“も”ある友人関係もありえるし、キスすること“も”ある友人関係も、ペッティング“も”する友人関係もあり得る。それぐらい、人間と人間の関わり方は多様なのである。

そのことを問い返すこともなく、令和の時代に相変わらす「男女の友情って成立すると思う?」と厚顔無恥にも問いかけるのは、自身の保守的な性倫理を開陳しているにほかならない。

「セフレ」という言葉が生む認知の歪み

もっとも、彼らがこうした誤謬に陥ってしまう要因もあるように思える。彼らの認知に歪みを生じさせているのは、もしかしたら「セフレ(セックスフレンド)」という言葉かもしれない。

セックスもある友人関係というと、直感的に「セフレ」という言葉が思い浮かぶと思うが、実際のところ「セフレ」の内実は「セックス“も”する友人」とは程遠い。

どちらかというと、「セックスが主目的の関係」であり、実際のところ友人と呼べるほど親密ではない、という場合が多い。「セフレ」という言葉に匂い立つ独特の「冷たさ」の本質的な理由は、単刀直入に言うと「友達ではないから」なのだ。フレンドというほど仲がいいわけではなく、連絡がつく知人程度、セフレというより、いわば“セ知人”である。

しかし、世の中には「セックスもする友人関係」だってありえるし、その関係性は現状の「セフレ」という言葉がカバーする語彙の外にある。

だから、「男女の友情は存在するか」という問いはそもそも成り立たない。言えることがあるとすれば、「俺/私は友達とはセックスできない」あるいは、「俺/私はセックスした人とは友達になれない」という個別の価値観のみなのだ。

ここまで書いて重大なことに気づいた。この記事は稲村亜美ちゃんの擁護にも何もならなくなってきている。擁護フルスイングは大きく空振りしてしまった。

稲村亜美ちゃんは、2人旅をしても何も起きない男友達がいる、と言いたいだけなのであった。 しかし、これだけは言える。旅先でなんやかんやがあったとしても、その人本人が「男女の友情」といえばそれは「男女の友情」なのである。

あわせて読みたい

「男女の深い関係」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  6. 6

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  7. 7

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  8. 8

    「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか

    PRESIDENT Online

    02月25日 22:35

  9. 9

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  10. 10

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。