記事

67年ぶりの死刑執行、全米が震えた「妊婦切り裂き事件」

米カンザス州メルヴァーン在住だったころのリサ・M・モンゴメリー受刑囚(Photo by Maryville Daily Forum/AP)

13日未明、米連邦政府は2004年に妊婦を殺害し、胎児を連れ去ったリサ・モンゴメリー死刑囚(52)の刑を執行した。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、連邦政府が女性の死刑を執行したのは67年ぶり。

モンゴメリー受刑囚は2007年、妊婦殺害と胎児誘拐で有罪判決を受けた。2004年、ミズーリ州でモンゴメリーは友人や家族らに妊娠したと偽り、その後、妊娠していたボビー・ジョー・スティネットさんに接触し、犬を引き取りたいと申し出た。彼女はスティネットさんを絞殺し、腹部を切開して胎児を取り出した。モンゴメリーは事件後ほどなく犯行を認めた。

今年初めにモンゴメリー受刑囚の死刑が予定通り行われるとの知らせが流れると、ケリー・ヘンリー連邦公選弁護士補佐の氏は依頼人を擁護した。「彼女が重度の精神疾患を患っていること、幼少期の無残な経験の影響を考えれば、彼女を死刑にするのはきわめて不当な措置です」と同氏が陳述したとタイムズ紙は伝えている。伝聞によれば、モンゴメリーは子供のころに母親から売春を命じられ、複数の成人男性から集団レイプをうけていたという。

【画像を見る】触る、舐める、挿れる…悪行三昧の極悪ポルノ俳優

死刑執行は当初昨年12月8日に予定されていたが、一連の裁判所命令で執行できずにいた。1月13日午前1時31分、インディアナ州テレホートの連邦刑務所で死亡が宣告された。

トランプ政権は2019年7月、連邦受刑囚の死刑執行を17年ぶりに再開した。以来、死刑を執行されたのはモンゴメリーで11人目となる。昨年12月には18歳の時に2人の聖職者見習いを殺害して死刑判決を受け、20年間服役していたブランドン・バーナード受刑囚の死刑が執行された。

公共ラジオNPRによると、ジョー・バイデン次期大統領は議会に働きかけ、連邦レベルでの死刑を排除する計画だそうだ。

from Rolling Stone US

あわせて読みたい

「死刑」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  4. 4

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

  8. 8

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。