記事
  • ロイター

WHOのコロナ調査団、2人が中国に入国できず


[ジュネーブ/北京 14日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は14日、新型コロナウイルスの発生源を巡る国際調査団について、専門家13人は中国の武漢市に到着したが、2人は依然としてシンガポールで新型コロナの検査を受けていると表明した。

WHOによると、国際調査団の専門家15人は全員、本国で新型コロナ検査を受けて陰性反応が出たが、シンガポールで改めて検査を実施。検査結果は全員陰性だったが、2人が抗体を保有していることが判明した。

WHOはツイッターに「(この2人が)IgM抗体とIgG抗体の再検査を受けている」と投稿した。

これに先立ち、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は関係者の話として、抗体検査で陽性反応が出た国際調査団のメンバー2人の入国を中国側が拒否したと報じていた。

2人はシンガポールで行った血清抗体検査で陽性反応が出たため、中国当局者が武漢行きの航空便への搭乗を拒否したという。

中国外務省報道官は定例会見で、この報道について「関連する感染予防・管理規定は厳格に施行される」と述べた。

あわせて読みたい

「WHO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  4. 4

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  9. 9

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  10. 10

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。