記事

「サイゼに来た」相次いだ“ランチも自粛”要請は皮肉な結果に

1/2

首都圏1都3県に加え、大阪や愛知、福岡など7府県も緊急事態宣言の対象に加わり緊迫感が増す中、政府や各都府県は住民に対して外出自粛を要請している。

飲食店の午後8時以降の営業自粛と相まって、外出自粛は午後8時以降と考える向きがあったものの、首相や政府高官が連日、日中も含めた不要不急の外出自粛を呼びかけるようになった。果たして、日中から外出を自粛すべきなのか――。ネットを中心に困惑する声が目立っている。

外出自粛は午後8時以降?誤解が広がった背景

AP

菅義偉首相は13日、緊急事態宣言の7府県追加を表明した会見の中で、飲食店が閉まる午後8時以降だけでなく日中も不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。

12日には田村憲久・厚生労働相が、日中に飲酒する“昼飲み”について「いいわけがない」と発言。西村康稔・経済再生相も同日夜、会見で「誤解もあるが、昼間も含め外出自粛をお願いしている」との考えを説明していた。首相としても、2人の大臣と同様の判断を示した格好だ。

不要不急の外出が午後8時以降に限られるような誤解が広がった背景は何なのか。政府の説明の仕方が影響し、“後出しジャンケン”の印象を与えてしまった感もある。

東京と埼玉、神奈川、千葉の1都3県への緊急事態宣言発出を決定した7日、会見に臨んだ菅首相は、記者との質疑までの冒頭発言の中で、午後8時以降について不要不急の外出自粛を要請。約13分のうち4回に及んで繰り返し、協力を呼びかけていた。

菅首相の会見で「午後8時以降」に集まった注目

外出自粛に関連して、政府は日中の取り扱いについてはどう考えているのか。会見に先立って行われた新型コロナウイルス感染症対策本部から窺い知ることができそうだ。

対策本部の会合では、基本的対処方針が決定された。新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて、自治体が不要不急の外出・移動の自粛の協力要請を行うと定め、午後8時以降については特に「住民に徹底する」ことが盛り込まれた。

この方針に基づいて、7日に西村・経済再生相、8日に田村・厚労相がそれぞれ、日中も含めた不要不急の外出自粛を呼びかけていたことが確認できている。

緊急事態宣言の発出直後は、午後8時以降について重点的に外出自粛を呼びかける菅首相が注目されてしまったため、日中は対象外などとする誤解を招いた格好だ。

あわせて読みたい

「緊急事態宣言」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  5. 5

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  7. 7

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    医療崩壊への切り札封じる菅政権

    小西洋之

  10. 10

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。