記事

完璧主義な人は起業には向かない


■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

大企業をやめて、自分で起業しようと考える人が増えています。以前はハイリスクと言う思われていた起業も、今やむしろ同じ会社に長くいる方がリスクとさえ考えられるように認識が変わってきました。

しかし、大企業の会社員として仕事で評価されることと、起業して成功する能力は、必ずしも一致しません。

求められる能力が異なるからです。

起業している経営者の人たちと、美味しい唐揚げ(写真)を食べながら思ったことは、完璧主義な人は起業に向かないということです。

まず、ビジネスのやり方が大企業とスタートアップでは全く異なります。

例えば、大企業で新規ビジネスを始める場合、事前のリサーチに時間をかけ、資料を作って社内でデータに基づき議論をして、論理的に説得することが求められます。

しかし、自分で起業する場合は、そんな完璧なデータを集める能力も時間もお金もありません。そんなことをやっているうちに、時間が過ぎてビジネスチャンスを逃してしまいます。

起業したら完璧でなくても良いから、とにかく早くやることが重要になります。

また、人材の目利きも大企業とは異なります。

立ち上がったばかりの小さな会社には、優秀な人材はなかなか集まってきません。だから、大企業にいるようなバランスが取れた完璧な人を探すのではなく、全体的には問題があっても、どこか一点に突き抜けた人材を探し、欠点には目をつぶって仕事をしてもらうようにする必要があります。

減点法による人事評価に慣れている大企業の人は、このような人材を評価して活用することができないのです。

さらに、会社を立ち上げると思うようにいかないことが次々と発生します。うまくいかないのが当たり前のような環境には、完璧主義者の人は精神的に耐えられないと思います。ある意味「いい加減」で楽天的な人の方が、メンタル的には起業に向いているのです。

私の周りにいる経営者もみんなポジティブで楽観的。マイナスをチェックするより、プラスを伸ばすことを考えています。

仕事の能力とは、その人が置かれた環境によって変わってきます。だから、大企業ではパッとしなくても、自分で会社を作ってイキイキと毎日仕事をしている人もいれば、会社での華麗なる経歴を看板にビジネスを始めてもパッとしない人もいるのです。

もし、思ったような成果が出ないとしても、それは自分の能力の無さが原因ではなく、自分とフィットしない環境にいることが原因。

そのまま我慢するのか?それとも環境を変えるのか?決めるのは自分です。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年1月14日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    料金高騰が示す電力自由化の功罪

    WEDGE Infinity

  4. 4

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  5. 5

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    コロナ禍のバイト店員私語に苦言

    かさこ

  7. 7

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

  8. 8

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。