記事

菅総理「具体的には承知していない」 感染症法改正による罰則化の検討 問題の深刻さを裏付ける数字や実例を問われ



 政府は13日夕方、緊急事態宣言の対象に首都圏の1都3県に加え、大阪や兵庫などを含む7府県を追加したことを正式に発表した。実施期間は2月7日までとなる。

 この決定を受けて官邸で記者会見に臨んだ菅総理は、感染症法の改正により保健所の調査への回答を拒否したり、虚偽の回答に対して罰則を科すことを検討していると厚労省が明らかにしたことについて、記者団から「罰則については世論の賛否がある。国民の幅広い理解を得るためには、保健所の調査の回答拒否や虚偽回答が実際にどれだけあるのか。どれほど深刻な問題かを裏付ける具体的な数字を示してほしい」と問われ「感染の拡大防止を図るために新規陽性者の過去の行動を調査して濃厚接触者を特定して対策を講じることが極めて重要なこと」と話す一方「現場からは調査に協力を頂けないケースがあり、感染者が増えるにしたがって、そうしたケースがどんどん増えてきている。そういう風に報告を受けている」と話した。

【映像】二階氏、緊急宣言?「後から誰でも何とでも言える」

 ただ、深刻な問題を裏付ける具体的な数字や実例については「こうした調査がより実効性を上げることができるように感染症法の改正を検討しており、協力をいただけるような体制をとることが大事だと思っている。いずれにせよ、どれくらいの協力がいただけないケースがあったのか、そうしたことも私は具体的には承知していないが、そうした事例がたくさんあったということは報告を受けている。実例について、申し上げる必要があると思っている」と話すにとどめた。

 この問題について、会見に同席した政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長は「罰則については分科会のメンバーの中にも、罰則というよりは協力していただけるような支援の仕組みをした方がいいという意見もある。同時に一定程度、最低程度の罰則というのも場合によってはやむを得ないという両方の意見がある」と述べた。(ABEMA NEWS)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  9. 9

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    SNSが引き出した日本のトレンド

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。