記事

パソナグループ 感染防止向け期間限定の案件が増加し、営業利益は1.5倍へ

 人材派遣大手の(株)パソナグループ(TSR企業コード:297229699、千代田区、東証1部)は1月13日、2021年5月期(連結)の業績予想を上方修正した。新型コロナの影響で人材紹介の需要は減少しているが、業務受託や新型コロナの感染防止に関わる期間限定の案件が増加。営業利益は前年(105億7,700万円)から約1.5倍の150億円を見込む。

 2021年5月期(連結)業績予想は売上高3,260億円(前年比0.3%増)、営業利益150億円(同41.8%増)、当期純利益47億円(同690.1%増)で、それぞれ前回予想から上方修正した。

 パソナグループは、東京にある本社機能を分散し、淡路島に移転を進めている。2020年9月から2023年度末まで順次、グループ全体の約1,800人のうち約1,200人の移転を計画を発表している。

あわせて読みたい

「パソナ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。