記事

日本の「医療崩壊」について総理に直接質問 陰謀論ぶち込もうとする反応が悲しい またStay Home Again

昨日の緊急事態宣言追加に対する総理質問。いよいよ今の日本の医療の問題点について言及する質問が行われ、総理が答えました。ハフィントンポストのまとめ記事です。

>医療法を改正して病床を確保しないのかという質問
いわゆる病院等に行政が強制力を持つように法を改正しないのかという質問です。
>これに対して菅首相は「もう一度検証していく必要はある。それによって必要であれば、改正するのは当然」と答えた。神保さんは重ねて、現時点で改正を考えているのかについても質問したが、菅首相は明言を避けた。
検証することを認めましたが、まあ政治答弁においてこの言葉はやらないとほぼ同義語でしょうか。(携帯電話に踏み込んだ菅さんならわかりませんが)
>こうしたやり取りの中で菅首相は「医療法についても今のままでいいのかどうか。国民皆保険、そして多くの皆さんが診察を受けられる今の仕組みを続けて行く中で、今回のコロナがあって、そうしたことも含めて、もう一度検証していく必要はあると思っています」という言い方をしていた。この部分が「国民皆保険の見直し」とSNS上で受け取られたようだ。
よく読むと、今の日本の医療体制が本当にそのままでいいのかを検証すると言っているのであって、
その中で唐突に国民皆保険が言葉として出たんですよね。SNS上で受け取られたというより、陰謀論撒き散らしたい派はその言葉だけ取り上げて総理を批判したかったのでしょう。

政府として今行っている医療施策、お願いベースでのベッド確保が全くダメだったとは言いたくありません。でも明らかにこの施策で「医療崩壊」が起きかけている現在、この質問に検証するという答弁を引き出したことは、前の同じようなブルームバーグの質問をはぐらかした後だけにいい仕事だったと思うのですが。

その真面目な議論に陰謀論ぶち込んだらだいなしになってしまいます。もったいない。

Stay Home Again。またやるしかないでしょう。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。