記事
  • ロイター

FRB、物価上昇でも先手売って緩和策解消せず=連銀総裁


[13日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は13日、全ての事象から米インフレ率上昇が示唆されているとしながらも、連邦準備理事会(FRB)が超緩和的な金融政策を引き揚げる時期について言及するのは尚早との考えを示した。

ブラード総裁は「ロイター・ネクスト」会議でインタビューに応じ、マネーサプライが「爆発的」に急増すると同時に、財政赤字も大きく膨らんだとし、経済の過熱はすでに起きているか、間もなく発生すると指摘。新型コロナウイルスワクチンの接種が始まったことで感染による死者の減少が予想されるとし、リスク懸念の低減に伴い「経済に大きな影響が及ぶ」と述べた。

それでも、労働市場の回復には「長い道のりが残されている」と指摘。インフレ率の上昇が見込まれているにもかかわらず、FRBが先手を打って金融引き締めに着手することはないと述べた。

一部のFRB当局者は年内にも緩和策の引き揚げが可能になるとの見方を示しているが、ブラード総裁は状況を見極める必要があると指摘。「労働市場は劇的に改善したが、この先の道のりはまだ長い。特に大きな打撃を受けた業種で雇用が回復するには、ワクチン普及が必要になる」とし、経済が全体として「活況を呈すことは可能だが、実際にどのような展開になるのか見極めたい」と語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  5. 5

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。