記事
  • ロイター

インテル、CEOに元CTOのゲルシンガー氏 生産の課題克服へ


[13日 ロイター] - 米インテルは13日、ボブ・スワン最高経営責任者(CEO)に代わり、元最高技術責任者(CTO)で、クラウドコンピューティング会社VMウェアCEOのパット・ゲルシンガー氏が来月15日に新CEOに就任すると発表した。新CEOの下で、半導体の製造を巡る課題克服を目指す。

インテルは半導体製造技術において長年、世界をリードしてきたが、ここ数年は台湾や韓国のライバル企業に対する優位性を失っている。

ゲルシンガー氏はインテルで18歳からキャリアを開始し、同社に30年在籍していた。アナリストは最も信頼できるCEO候補の1人だと評価している。

バーンスタインのアナリスト、ステイシー・ラスゴン氏は「信頼性の観点からすると、彼はおそらく、ほとんどの人が望む候補のリストのトップに挙げられるだろう」と述べた。

発表を受け、インテル株価は13日の取引で7%上昇した。

ゲルシンガー氏はインテルで数多くの半導体関連プロジェクトを主導し、同社初の最高技術責任者(CTO)を務めた。

同氏はインテルの従業員に宛てた書簡で、今回の人事について、「故郷」に帰るようだとし、当時のトップらの名前を挙げてインテルでキャリアを積んだ経験を振り返り、「光栄に思う」と述べた。

また「世界のデジタルインフラを構築してきた同社の豊かな歴史と強力な技術を高く評価している」と語った。

アナリストはインテルが生産の課題に対処するため、他の同業大手と提携するとみている。

投資調査会社エバーコアISIのアナリスト、C.J. Muse氏は、経験豊富なゲルシンガー氏のCEO就任に加え、米議会で最近、先進的な国内半導体製造の維持を目的とした法案が通過したことを踏まえ、「(インテルが)成功する確率が大幅に高まっている」と指摘した。

インテルは2020年第4・四半期の業績について自社予想を上回るとの見通しを示した。また、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体製造技術を巡る問題について「大きな進展」があったと明らかにした。

スワン氏は2018年6月に暫定CEOに就任。その後19年初めに正式なCEOに指名されていた。

*内容を追加します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。