記事
  • ロイター

米ステート・ストリートの香港ETF、大統領令対象企業に投資再開


[香港 13日 ロイター] - 米証券管理銀行ステート・ストリートの資産運用部門ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは13日、香港ハンセン指数と連動する上場投資信託(ETF)トラッカー・ファンド・オブ香港について、米大統領令によって米国人に禁止された中国企業への投資を14日から再開すると発表した。

広報担当者によると、同ETFを管理するステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・アジアは「米国人」に当たらないと判断したという。

ステート・ストリートは先日、同ETFについて、現行の保有は維持するものの、禁止対象銘柄に新規の投資をしないと表明していた。

ただ、一部の投資家から指数との連動性が保てないとの批判が上がり、運用会社を禁止対象銘柄への投資が可能な企業に変更するよう求める声も出ていた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  7. 7

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  10. 10

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。