記事

新しい日本政治の構想へ向けて

画像を見る

衆議院解散から、あっという間に一週間が経過した。今日は事務所開き。10日後にはたすきをかけて選挙カーに乗り込むことになる。そしてその翌日からは早や期日前投票が開始される。「短期決戦」とは言ったものの、思った以上に時間がないものだと痛切に感じている。

こういう時は、「平生往生だ」と自分に言い聞かせるのだが、それほど「平生」に自信があるわけでもない。唯一自負できるのは、この三年間、野党自民党の中にあって、自分なりに「是々非々」を貫いてきたことだ。政党である以上、「党利党略」はあって当然だが、それよりも優先すべきことがある。「国益」だ。その姿勢を貫いてこそ自民党は信頼を回復することができる。そう信じてものを言い、行動してきた。今のその思いに変わりはない。

選挙ともなれば各党ともに、無理やりに「争点」を作り上げることになる。それが戦いの「武器」となるのだからやむをえないが、煎じつめていけば実際の選択肢の幅がそう広いわけではない。争いのための争いに終始するのは詮無いことだ。日替わりメニューのように姿を変える第三極と称される政党群に至っては、有名人が受けのいい政策を並べただけの浅薄な様相を呈しつつあるが、本当にそのような政策だけで国家が運営できるはずもない。

有権者はこの三年半の間に十分に学んでいる。実現不可能な政策、リアリティーを欠く政策、あからさまな人気取り政策を並べてみたところで、もはや心を動かされることはない。民主党が力量を欠いていたことも、いまさら声を張り上げて訴えるまでもない。誰よりも国民がそのことを承知している。だからと言って三年半前の有権者の選択がまったく意味のないものであったのかと言えば決してそうではなかろう。民主党も学び、自民党も学んだ。そして、有権者も学んだ。それらの全てを次の政治に活かしていかなければならない。今回の選挙はその「出発点」と位置づけるべきだ。

いずれにせよ、選挙後に誕生する新政権は積み残しの課題のすべてを引き受けることになる。経済の再生、外交・安保の立て直し、エネルギー政策の確立、社会保障制度の全体像の策定、自由貿易交渉の決着、米軍再編問題の解決、、、どれひとつ取っても容易な課題ではない。再びの国会の「ねじれ」によって新政権が立ち往生したのでは、現状打破を期待して投票した国民が浮かばれない。今度こそ、日本政治の「構想力」が問われてくる。

これから、自身も含めて激しく厳しい戦いに突入していくことになるが、闘うべき本当の相手は実は対立政党でもなければ、対立候補でもない。本当に闘っていくべきは我が国を襲う難題の数々であり、それを打開できずに立ちすくんでいる現状の「閉塞した政治」そのものだ。それを必ず打破してみせる。そう固く決心をして最後の一日まで全力を尽くしたいと思う。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  3. 3

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  4. 4

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  5. 5

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  6. 6

    会議中に「頭ごなしの反論」があったときの天才的な切り返し方

    PRESIDENT Online

    05月09日 14:29

  7. 7

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  8. 8

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  9. 9

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。