記事
  • ロイター

ナワリヌイ氏、17日にロシア帰国 収監の可能性も


[モスクワ 13日 ロイター] - ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏は13日、17日に滞在先のドイツから帰国することを明らかにした。帰国すれば逮捕・収監される可能性もある。

反プーチン大統領派の中心人物であるナワリヌイ氏は昨年8月、ロシア国内線の旅客機で倒れ、ドイツに搬送され治療を受けた。ドイツなど西側諸国は神経剤による毒殺未遂だとしてきた。

ロシア政府は事件への関与を否定している。

ナワリヌイ氏はインスタグラムに「帰国の是非を問題としたことはない。私は出国してはいないからだ。殺されかけて救急搬送され、ドイツで意識を取り戻したというだけのことだ」と投稿。「(プーチン大統領の)一派はこれまでと同様、私に対する犯罪行為を隠ぺいしようとしている。しかし私は、彼らが私に何をしようとするかに興味はない。ロシアは私の祖国、モスクワは私の故郷だ」とした。

さらにナワリヌイ氏は、ほぼ完全に健康を取り戻したと述べた。

前日にはロシア当局が裁判所に対し、ナワリヌイ氏が執行猶予の条件を破ったとして同氏の収監許可を求めていたことが明らかになった。

ロシアの連邦刑務所局(FSIN)は先月28日、ナワリヌイ氏に直ちにドイツから帰国し、モスクワにある当局事務所に出頭するよう命令。帰国しなければ収監すると警告している。

ロシア政府は、ナワリヌイ氏に毒物が使用された証拠は確認されず、同氏に危害を加えようとしたとの疑いを否定。ナワリヌイ氏は一般市民と同様、いつでも帰国可能だとの認識を示している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  2. 2

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  3. 3

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  4. 4

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  5. 5

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  6. 6

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  7. 7

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  8. 8

    Go Toトラベル、再開是か非か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    02月25日 10:18

  9. 9

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  10. 10

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。