記事
  • ロイター

イオン、3―11月期の営業利益は33%減益 GMSは改善傾向へ

[東京 13日 ロイター] - イオンは13日、2020年3―11月期の営業利益は前年同期比33.9%減の681億円だったと発表した。スーパーマーケットやヘルス&ウエルネスに加え、直近3カ月(9―11月期)は総合金融や総合スーパー(GMS)も増益に転じた。

売上高に相当する3―11月期の連結営業収益は、前年同期比0.1%増の6兆3925億円だった。これは、同時期では過去最高となる。

GMSは9カ月累計で営業赤字が続いているものの、その幅は縮小した。売上総利益率の改善や経費削減が奏功した。また、非接触型のレジや買い物かごの除菌装置の導入などで、コロナ禍での買い物への安心感につなげている。総合金融事業は、前年度に大型キャンペーンを行ったことの反動で販売促進費が減少した。

日常の買い物の場であるスーパーマーケットや衛生用品を扱うヘルス&ウエルネスはコロナ禍でも堅調で、9カ月累計でも増益となっている。

2021年2月期の業績予想は据え置いた。同社は、昨年12月に営業利益予想を1200億円─1500億円(前年比44.3%減─30.4%減)に上方修正していた。6─7月ごろから個人消費や景気が持ち直し、業績が当初想定より前倒しで回復しているとしていた。リフィニティブがまとめたアナリストによる営業利益予想の平均は1414億円。

足元の緊急事態宣言の再発令は織り込んでいないものの、昨年12月の業績予想修正の際に、新型コロナウイルスの感染再拡大はある程度織り込んでいるとしている。

(清水律子 平田紀之)

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。