記事

自民党に政権担当能力があるのか? 【後編:立憲民主党は?】

2/2

民主党政権の政権運営から学ぶべき教訓と次の政権交代

コロナ危機と比較できるほどの国家的危機といえば、東日本大震災とそれに伴う福島第一原発事故があげられます。民主党政権時代に起きた危機ですが、そのときの反省と教訓を踏まえて、立憲民主党は政権担当能力を高めていかなくてはなりません。今年の年頭あいさつで枝野幸男代表は次のように述べました。

政権運営の経験不足や、あるいは政権から下野した以降の力不足等、さまざまな反省点を踏まえ、現状の残念ながら右往左往している政府に代わって機能する政府を作っていく政権の選択肢となり、このCOVID-19による国家的な危機から社会を守るということに向けて今年も一年全力をあげて取り組んでまいりたい。

まったく同感です。まず民主党政権の反省としては、初めての政権運営ということもあって、いわば「幼児的万能感」に包まれたスタートを切り、大人の対応ができなかったことがあげられます。

たとえば、霞が関の官僚機構は、敵ではなく、それぞれの分野の専門家集団であり、協働作業をすすめるパートナーです。官僚主導の弊害が現れたり、役所の既得権化した事業が継続していたりといったことがあれば、それを正すのは政治の役割です。しかし、そういう事例ばかりではなく、国家公務員を「悪らつな既得権集団」と見なすべきではありません。政治家と行政官は政策課題を解決するためのパートナーです。大臣や副大臣になった政治家は、緊張感をもって行政を監視しつつ、行政官を指揮監督するのが役割です。官僚を敵視していては、チームプレーができるはずがありません。

民主党政権でも官僚機構と適切な距離感をもって仕事をしていた大臣もいましたが、そうでない大臣がクローズアップされて目立っていました。菅総理のように官僚機構を人事権で強権的に支配するのも問題だし、官僚機構を敵視するのも問題です。「政と官」の適切な距離感と関係性は政治学や行政学でも重要なテーマですが、その点で優れていたのは片山善博総務大臣だったとと思います。私は、民主党政権では片山大臣が「ベスト大臣」だったと思います。片山大臣のような仕事のやり方をモデルにして政権運営できれば、立憲民主党政権はいまの菅政権以上に機能すると思います。

また、民主党政権の大臣の多くは、情報公開には熱心でしたが、大手マスコミの政治部カルチャーに批判的で、マスコミとの関係づくりを軽視し、マスコミを通じた説明が下手だったと思います。新聞社やテレビ局の政治記者の先には、読者や視聴者という名の国民がいます。マスコミ対応というのは、政権を担う上で重要な機能です。オープンな記者会見も当然重要ですが、丁寧な記者ブリーフィング(背景説明など)や情報発信の工夫も必要だったと思います。立憲民主党が政権を担うことになったら「政策コミュニケーション」を強化し、マスコミを通じて国民の理解を得られる政権運営をめざす必要があります。

また、前述の枝野代表のコメントでもわかるように、民主党政権時代に大臣、副大臣、大臣政務官を経験した議員が立憲民主党には大勢いて、民主党政権の反省を胸に次の政権交代をめざして準備を進めています。安倍政権も、第一次安倍政権はグタグタでポンコツでしたが、第二次安倍政権はしたたかにになりパワーアップして「安倍一強」と言われるまでになりました。安倍政権の政策の方向性は誤っていましたが、「政権維持能力」の高さは認めざるを得ません。安倍政権の強引さを真似るべきではありませんが、立憲民主党なりのやり方で安定政権をめざすことは大切です。

英国の政治家の言葉に「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対的に腐敗する」というのがあります。安倍一強政治が長く続いた自民党では、権力の腐敗が進みました。秋元司議員のカジノ汚職疑惑、河井前法務大臣夫妻の選挙違反疑惑、安倍総理の「桜を見る会前夜祭」の問題、吉川元農水大臣の収賄疑惑など、自民党の国会議員に関わる「政治とカネ」の問題が噴出しています。腐敗し、その上、政権担当能力を欠く自民党政権が、これ以上続いていいのでしょうか。自民党に代わる選択肢になれるよう、立憲民主党はがんばらなくてはなりません。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

  10. 10

    デパ地下以外は死んでいる百貨店

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。