記事

コロナで国家が崩壊しても安泰 マスコミが支える自民党政権

柿崎明二首相補佐官。大手通信社の記者だった。マスコミと権力が表裏一体であることを如実に現した人事だ。=2020年、永田町 撮影:田中龍作=

 2007年に発覚した「消えた年金問題」で自民は下野した。発覚から2年後(2009年)の総選挙で民主党に惨敗したのである。

 選挙の街宣現場に行くと、永年自民を支持してきた人々が「今度ばかりは自民党に入れない(投票しない)」と怒る光景を幾度も目にした。

 いま日本を襲うコロナは「消えた年金」以上の国難だ。医療崩壊が避けられず、トリアージ(命の選択)も現実味を帯びてきた。

 コロナ禍は消えた年金以上に政治の責任だ。内閣支持率は急降下し、不支持率が支持率を上回る。

 それでも政党支持率において、自民は野党第一党の立憲民主を大きく上回る。下野などサラサラ心配もない。

 自公政権を安泰にしているのは、野党のふがいなさもさることながら、マスコミ(新聞テレビ)だ。
 
 ウィルスを全国に拡散したGoToの責任を追及することもしない。無為無策に等しいコロナ対応への厳しい批判もない。

柿崎補佐官と対照的なのが望月衣塑子記者だ。官邸は政権に不都合な記者を総理記者会見に出席させない。記者クラブはそれに抵抗することもしない。=2020年9月、総裁選への立候補を表明する菅官房長官(当時)撮影:田中龍作 衆院会館で=

 自民が下野して間もない頃、武部勤幹事長(当時)が党本部前で記者団に、憤慨していたのを思い出す。「君たちが『政権交代』『政権交代』って言うからこうなったんだ」と。

 あれから12年。経営難もありマスコミは官邸にシッポを振るようになった。

 新聞が経営を優先し社会の木鐸であることを忘れた時、国家は破滅に向かう・・・きのう(12日)、亡くなった半藤一利氏の『そして、メディアは日本を戦争に導いた』(保坂正康氏との共著)は、警鐘を鳴らす。

  ~終わり~

    ◇
半藤一利氏が健在であったら、今のメディア状況をさぞかし憂えたに違いない。偉大な作家を偲び本稿を執筆した。

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

  10. 10

    デパ地下以外は死んでいる百貨店

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。