記事
  • ロイター

米政府のワクチン計画首席顧問が辞任、政権引き継ぎで助言へ


[12日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンや治療薬の開発・製造を支援するトランプ米政権のプロジェクト「オペレーション・ワープ・スピード(OWS)」の首席顧問、モンセフ・スラウイ氏が辞任した。ただ、約4週間はコンサルタントとしてバイデン次期政権に助言する。米大統領の政権移行チーム関係者が12日夜、ロイターに明らかにした。

この件を最初に報道したCNBCは、バイデン氏側がスラウイ氏に現行の契約の更新を申し入れていないと伝えていた。

12日夜時点で、OWSを所轄する米厚生省のコメントは得られていない。

ポリティコによると、スラウイ氏は今年初めまでに退任する方針を示していたが、先週、OWSがきちんと稼働するよう政権移行期間が終わるまでは務めると述べていた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  7. 7

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  10. 10

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。