記事

【読書感想】弔辞

1/2


弔辞

  • 作者:ビート たけし
  • 発売日: 2020/12/09
  • メディア: 新書

芸論から人生論・世界観まで
73歳になった俺が今、考えていること――

「いろんなものが消えていく。だけど、忘れちゃいけないものもある。面白かったテレビ。貧しかったけど希望のあった暮らし。大家族の絆。資本主義に蝕まれる前の、働くという喜び――だから、俺は、この時代に向けて、「弔辞」を読もうと思った。たとえ、消える運命にあるものでも、それについて、俺自身が生きているうちに別れのメッセージを伝えておこうと考えた

(主な内容)
●ビートたけし「自分への生前弔辞」
●朝、目が覚める瞬間が怖い理由
●やり残したのは「独裁者」
●人間は欠陥品だ。理想と現実の行為が必ず違ってくる。そこに「笑い」が生まれる
●志村けんちゃんは苦労人だった
●いくつになっても忘れない母親の教え
●ささやかな幸せがあれば、なんとか生きていける
●働くことに理由なんて要るのか
●人生って結局わりと平等なんじゃないか
●漫才はテレビに始まりコロナで終わる
●誰も気づかない資本主義の恐ろしさ
●エンタメには寿命がある
●政治に何かを期待するほうがおかしい
●科学と神様と人間の三角関係
●ビートたけしはつまらなくなったのか ほか

 ビートたけしさん、最近、活字の仕事が多くなってきたんですよね。73歳という年齢から、自分の残り時間を考えて、考えを本にして残しておこう、というのと、滑舌が以前より悪くなってきて、喋る仕事も減って(減らして)きているのと、その両方の要因があるのかもしれません。

 73歳という年齢で「老い」が影響してくるのは当たり前のことですし、もうリタイアして悠々自適でもおかしくはない。たけしさんはこれまで、ものすごく稼いできた人でもあるし(ご本人は、この本のなかで、前妻と離婚した際に、ほとんど全部あげてしまった、と仰っていますが)。

 この本を読んでいると、ネットニュースで伝えられている「ビートたけし(北野武)と、その周囲にいる人々についての話」って、事実じゃなかったり、スキャンダラスに加工されていることがけっこう多いのではないか、と感じるのです。

 俺はいまの奥さんに「あんた、仕事ツラきゃ止めなよ」「もう仕事減らして引退したっていいのに」とかたまに言われるわけ。ついケンカになる。

「オマエはすぐそういうことを言う」
「俺が好きでやってるんだから、かまわねえじゃないか」
「男の仕事のことなんかわかってねえんだから口出すんじゃねえ」って言ってしまう。
「でも、身体が……」と奥さんが心配してくれる。

 それでも「人のカラダなんか心配すんな、バカ野郎」とか言っちゃうんだ。
 ウチの奥さんは「男の仕事」とかいう言い方がちょっと嫌なんだろうな。
 こっちも「わかってねえんだから」とか言っておきながら、でも、向こうが正しいときって実はいっぱいあるんだよね。

 週刊誌やネットの記事では「悪役」として描かれがちな、たけしさんの現在の配偶者なのですが、これを読んで、「ああ、カネの亡者、って感じでもなくて、たけしさんとごくふつうの老夫婦の会話をしたり、こういうことでケンカしたりしているのだな」と思ったのです。

 もちろん、いろんな告発をしている人には、それぞれの立場からの言い分もあるのでしょうし、相手によって態度を変える人というのもいるのだけれど(というか、そういう人のほうが多い)、少なくとも、本人たちにとっては、今の状態が良い、ということなのでしょう。

 もちろん、この本だって、たけしさん自身が、自分のイメージを意識しながら語っているところはあるのだろうけど。

 テレビのニュースやワイドショーに、芸人がコメンテーターとして出演する。
 ……あ、俺だってそうか。

 いきなり厳しいことを言うようだけど、視聴者の主婦にウケがいいような、「不倫はよくありませんね」だとか、当たり前の、つまんねえことしか言えないような芸人は、芸人として終わりだなと思う。本人の前では言わないけどね。

 芸人が帯番組で、みのもんたみたいなこと言って、主婦の味方してどうすんだよ、って思う。
 主婦なんて、本当はこの世の妬み嫉みとか、金持ちが貧乏になるのとか、嫌な事件とか大好きなんだから、「こんなことしちゃいけませんね」じゃなくて「いいじゃねえか」って言えばいいのに。俺はなんでも「いいじゃねえか」って言ってるから、最近カットばかりされちゃっているワケだけれども。

 ただ、主婦や正義の味方になってマトモなことを言わないとテレビが使ってくれないから、芸人として食うのが難しい時代になってるっていうのがある。
 予算削減だ、コロナだで、本業もグッと少なくなってるから、帯番組とかのレギュラーになって給料を少しでも増やしたいっていう思いはよくわかる。

 でも、それって、自分の「芸」にとってプラスなのか。
 漫才というものの隆盛を見続けてきた俺はそう思う。

 テレビに出ても、あまりしゃべらなくなった、とネットで言われることが多くなった、たけしさんなのですが、本人によると、収録ではけっこうしゃべっていても、オンエアされるときには「炎上しそうな危険な発言」としてカットばかりされているそうです。

 たしかに、みんなそんなに、テレビに「キレイなもの」「正しいもの」ばかりを求めているのだろうか、と子ども時代に、ドリフの『全員集合』や、たけしさん、さんまさんの『ひょうきん族』を観て育った僕は思うんですよ。個人的には、東出昌大さんとの不倫で「干された」唐田えりかさんとか、「あんな有名な夫婦の夫を『略奪』するって、どんな人間なんだ?」と興味もあるのです。実生活で関わりあいにはなりたくない、魔性の魅力をもった人とか、とんでもないことをする人を、こちらはノーダメージで観賞することができるのが「テレビ」や「芸能人」だったのではなかろうか。いまはそういう「怖いもの見たさ比べ」みたいなのは、YouTubeが主戦場になってきているのです。

あわせて読みたい

「ビートたけし」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  3. 3

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  4. 4

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  6. 6

    コロナ患者受け入れ 条件で断念

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  9. 9

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  10. 10

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。