記事
  • ロイター

中国新規融資、20年も過去最高 コロナ対応の緩和策が押し上げ


[北京 12日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が12日発表したデータによると、2020年12月の新規人民元建て融資は前月比で減少した。ただ、新型コロナウイルス感染拡大への対応で人民銀が緩和的な政策スタンスを維持したことを受け、20年全体の新規融資は前年に続き過去最高を更新した。

12月の新規人民元建て融資は1兆2600億元(1949億8000万ドル)と、前月の1兆4300億元から減少した。ロイターがまとめたアナリスト予想の1兆2200億元は上回った。

20年は19兆6300億元と、過去最高だった19年(16兆8100億元)から16.8%増加した。

12月のマネーサプライM2の伸び率は前年比10.1%。前月の10.7%から減速した。ロイターがまとめた市場予想は10.5%。

人民元建て融資残高は前年比12.8%増と、伸びは前月に並んだ。市場予想も12.8%増だった。

12月末時点の社会融資総量残高は前年同月比13.3%と、伸びは前月の13.6%から鈍化。社会融資総量には通常の銀行融資以外の新規株式公開、信託会社の融資、債券発行などが含まれる。

12月の社会融資総量は1兆7200億元と、前月の2兆1300億元から減少した。アナリスト予想は2兆2000億元だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  3. 3

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  4. 4

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  5. 5

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  6. 6

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  7. 7

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  10. 10

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。