記事

川谷絵音が振り返る2020年の音楽シーン

2/3

ヒゲダン躍進、国内チャートを見る

―では、今度はSpotifyの日本のランキングを見て行こうと思います。やはりOfficial髭男dism(以下、ヒゲダン)の強さが際立ちますよね。ランキング3冠という。



川谷:結局ヒゲダンが強いんだなって。ヒゲダンのアルバムが2019年で、King Gnuのアルバムが2020年だったこともあって、フィジカルの売上はKing Gnuの方が断然上だったんですよ。だから2020年はKing Gnuの印象が大きかったんですが、蓋を開けてみたら、曲が聴かれてるのはヒゲダンが凄くて、ヒゲダンの曲は(ランキングに)いっぱい入ってるけど、King Gnuは「白日」1曲というパターンが多かったですね。だから何って感じなんですけど、ヒゲダンは「Pretender」の後も「I LOVE…」を大ヒットさせてるし、ヒットチャートの話で言えばもう別次元ですね。昔の曲も未だにずっと聴かれてるし。でもそう考えると、日本はバンドが強いですね。

―ちょっとずつ変わってきてはいるけど、2020年はまだ強かったですね。

川谷:バンドのファンって、ちょっと特殊じゃないですか? シンガーソングライターのファンよりもより密というか、ときには宗教っぽくなったりして、バンドはその人間にファンがついてる感じがすごくするんですよね。あいみょんは人間についてるというよりも曲についてる感じがするけど、King Gnuは曲もそうなんですけど人間的な魅力もめちゃくちゃ大きい気がして。

―常田大希さんと井口理さん、タイプは違うけどそれぞれ魅力的ですもんね。

川谷:King Gnuは一般的には難しい曲が多いじゃないですか。「三文小説」も音楽的に構築されてて、J-POPっていうものからはアレンジが逸脱してる。でもそれが売れちゃうからこのバンドは凄いですよね。2020年アルバムを出して以降は、もう自分たちの好きなことをやろうっていうモードに入ってるように見えて。かっこいいものが売れるっていう一番健全な例な気がしますね、King Gnuは。その一方でヒゲダンは、ちゃんと売れる曲を作ろうとしてる感じがするんですよね。ずっと前からマスタリングをテッド(・ジェンセン)とやってたり、サブスク対策を初期からやってたから、それが如実に結果に出てるなって。ギターもそんなにガンガン入れないじゃないですか? サウンドの構築とかは海外っぽいですよね。でも、歌はめちゃめちゃJ-POPっていう。そのバランスがいいんだろうなって。

―音像にも気を使ってるから、新しい曲から昔の曲にさかのぼってもしょぼく聴こえないと。

川谷:ちゃんと期待に応えようとしてる感じがします、いい意味で裏切らないというか。King Gnuは逆に裏切っていくスタイルじゃないですか? 手札がいっぱいあって、4人それぞれ技術もあるから「バンド」として押し出してる感じですけど、ヒゲダンはやっぱり「ヴォーカル」だなって。蔦谷(好位置)さんのアレンジで、管楽器がバーッと入ってるような、バンドっぽくないときもあるから。曲によっては「シンガーソングライターなのかな?」みたいな。

―たしかに、King Gnuと比べるとそうですね。

川谷:まあ、米津(玄師)がもっと早くサブスクを開けてたら、もしかしたらわかんなかったですけどね。

YOASOBIとボカロ文化、楽曲評価時代

―米津さんは「国内で最も再生されたアーティスト」の7位ですね。サブスクの解禁が8月だったことを考えれば、異例の上位とも言えますし、『STRAY SHEEP』の圧倒的なフィジカルセールスを考えると、低いとも言えるのかもしれない。

川谷:もっと行くのかなって思ったんですけどね。フィジカルが売れすぎたのもあるのかな? まあでもやっぱり、ヒゲダンが異常に強いですね。「I LOVE…」はドラマも当たったし、タイアップに恵まれたのもあるでしょうし。あとはYOASOBIですよね。「夜に駆ける」が1位じゃないんだって思いましたもん。スタートダッシュの違いですかね。バズり始めたのが4月くらいだったから。

―1位の「Pretender」は去年からずっとですからね。でも、YOASOBIとヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。(以下、ずとまよ)も含めて、ネット発のアーティストがよく聴かれました。

川谷:最初に言ったように、楽曲評価時代ってことですよね。YOASOBIは途中から表に出てきたけど、あとの二組は表に出ないじゃないですか? もともと米津もそうですけど、2020年はくじらくんとyamaとか、ボカロPとヴォーカリストの組み合わせがヒットしている。これもすべてボカロ文化の延長線上にあるから、ニコ動ってすごかったんだなって。初音ミクが出てきて、それが一旦終わったあと、生身の人間になって、みたいなフェイズですよね。

―細かく言うと、それこそ米津さんやヒトリエが人間として出てきて、今度はまた裏に引っ込んで、ミクではなくヴォーカリストを起用してるっていう。何段階もフェイズを経てきてるのかなと思います。

川谷:その中でも今が一番爆発してますよね。このブームはまだ続きそうですけど、YOASOBIの人気まで行く人はもういないだろうなあ。「夜に駆ける」が大ヒットし過ぎて次どうするんだろうと思ってたら、YOASOBIはその後がすごくて。Ayaseくんわかってるなぁって思いました。いろんな曲を作ってるからメロディの構築レベルがすごく高いですよね、いわゆる職業作家の人たちはもういらないんじゃないかって思うくらい。やっぱりすごい人はちゃんと出てくるんですよ。あとYOASOBIは小説から音楽を作り出していますけど、そういうコンセプトもコロナ禍の時代に合ってたなって。コンセプトって基本的に伝わりづらいじゃないですか? コンセプトを打ち出してもそんなにネットで調べられたりしないけど、今はみんな家にいるから動画とかを見る時間が増えて、そこから濃くファンになるっていうか。通勤・通学中に音楽を聴く時間は減ったかもしれないけど、家でYouTubeを見る時間は増えたと思うんですよね。だから、映像映えするアニメのMVの人とかは、2020年軒並み伸びたんじゃないかなって。

TikTok/SNS発のヒットを振り返る

―あと2020年に大きかったのは、やはりTikTokですよね。「国内バイラルチャート」にはその影響が色濃く出ています。

川谷:オレンジスパイニクラブの「キンモクセイ」や、優里の「かくれんぼ」とかは完全にTikTokの影響ですよね。みんな弾き語りして、本人もYouTubeで弾き語りのやり方を教えたり、「近いアーティスト」みたいな感じ。瑛人くんもそうだけど「真似できる」みたいな。しかも、「香水」はMVまで真似しやすかった。それってなかなかないことじゃないですか? それを意図して作ったわけじゃないだろうけど、あれをチョコレートプラネットが真似することで、もう一段階バズッたと思うんです。”ドルチェ&ガッバーナ”っていう歌詞も大きかったけど、「MVも真似できる」っていうのがなかったら、ここまでのヒットにはなってなかった気がします。弾き語りもしやすいし、いろんな意味でハードルが低かったんですよね。優里の曲も弾き語りで、みんな家にいたから弾き語りが伸びて、実際に会えないからTikTokで共有するようになって、TikTokへの投稿が伸びる。あとは「THE FIRST TAKE」ですかね。これもYouTubeを見る時間が増えたことと関連しているはずで、YouTubeチャンネルの名前を冠した曲名がランキングに入るなんて、2019年までにはなかったわけだから。

―DISH//の「猫」が3位で、同じ曲の「猫~THE FIRST TAKE ver.~」が5位ですからね。

川谷:コロナじゃなかったら、こんなことになってなかったかもしれないですよね。それに、「THE FIRST TAKE」も芸人さんが真似したりするじゃないですか?

―コロナでテレビの仕事がなくなった芸人さんがYouTubeをやり始めて、音楽ネタをやるようになったことの影響も大きそう。

川谷:そうですね。みんなテレビよりYouTubeを見てる時代で、もしかしたら、テレビの人よりてんちむの方が知名度が上かもしれない。

―特定の世代はそうでしょうね。

川谷:あと聴かれてるのは、オシャレに自分の生活を彩る音楽みたいな。インスタのストーリーズがそうですけど。

―「国内でSpotifyからInstagramストーリーズに最もシェアされた楽曲」の17位に、indigo la Endの「夏夜のマジック」が入っています。

川谷:不本意ですね(笑)。

―あははははははは。

川谷:でもこれ、独特のランキングですよね。くるりが入ってたり、フジファブリック「若者のすべて」が入ってたり(7位)。でもやっぱり、跳ねてるノリの曲が多い。ミッドテンポで、オシャレで、BGMにしやすい曲が多い気がします。きのこ帝国の「クロノスタシス」(18位)もオシャレじゃないですか? SIRUP「LOOP」(20位)もそうだし……アース・ウィンド・アンド・ファイアーの「September」(14位)が入ってるのはよくわからないけど(笑)。まあでも、やっぱりオシャレさが大事なんですよ、インスタは。自分のオシャレさをアピールする場所じゃないですか? インスタグラマーがシェアしてたらシェアする、みたいなのもありますし。

―2位と3位のVaundyや藤井風に関してはどうですか?

川谷:どっちも和製R&Bっぽい感じではありますよね。Vaundyの方がポップス寄りで、藤井くんはYaffleが絡んでたりもするから、もっと音楽的に一貫してるなって。藤井くんはテレビも出ないし、配信だけじゃなくてフィジカルも売れてるから稀有な存在ですよね。男性のシンガーソングライターでちゃんと人気があって、それが泡ではないというか、ちゃんと実物がある感じがします。Vaundyは「東京フラッシュ」が一番今っぽいというか、R&Bっぽいから、やっぱりオシャレさだなって思うけど、「napori」もTikTokで流行り始めてるし、それだけ来てるんでしょうね。Spotifyの再生数もすごく多いし。この2人って全然タイプが違うのに並べて語られることが多くて、男性シンガーソングライターも増えてきてるなって思います。

川谷の2021年注目アーティストは?

―では、川谷さんが2021年以降の動きを注目しているアーティストを教えてもらえますか?

川谷:ボカロ的な流れと、日本はバンドが強いっていうことを含めると、NEEはアニメーションのMVで、かつバンドっていうのがあんまりいなかったから、「もしかしたら」とは思ってて。実際ちょっとバズってきてるし、綾野剛くんもストーリーズにNEEの曲を載せてたりして。で、彼らのインタビューを読んでみたら、影響を受けたアーティストにゲスの極み乙女。って書いてあって、複雑な気持ちになりましたけど。

―複雑な気持ち?

川谷:(自分が)懐メロみたいになってるのかなって。もちろん嬉しいんですけどね。フェスとかでも年下の人からCDを渡されたりするようになって。今までそんなになかったけど、最近増えたなって。

―今伸びてきてる若手って、川谷さん世代の影響が大きいと思うんですよね。それこそ、ボカロの流れで言うと米津さんの影響が大きいし、バンドで言うと、いわゆるフェス系のバンドじゃない、オルタナとかポストロックの流れでやってきたバンドの影響が強くなっていて。だからこそ構築的だし、内省的だし。ヨルシカとかYOASOBIを聴いていても、この手の女性ヴォーカルからはきのこ帝国の佐藤千亜妃さんの影を感じたりもするし。

川谷:ヨルシカとかもポストロック感ありますもんね。でも、そのリスナーの人たちはポストロックとか知らないんだろうなあ。3cmtourとか絶対知らないですもんね。

―それはピンポイント過ぎ(笑)。

川谷:あとは、さとうもかちゃんとか。一曲ヒット曲が出たら、あいみょんみたいなヒットを生む可能性もあるんじゃないかなって。でも、今って何が当たるかホントにわからないですよね。ヒットの速度が速くて。逆に言うと、CMとかがいらないっていうか、TikTokだけでも「香水」みたいになっちゃうこともあるわけで。ひらめ「ポケットからきゅんです!」、もさを。「ぎゅっと。」とかもそうだし……みんな平仮名3文字だな(笑)。LINE MUSICはまた文化が違って、そちらのランキングは(名前を)見たことない人がいっぱいいるなって思います。

―他にも2020年、個人的によく聴いた日本人アーティストがいたら教えてもらえますか?

川谷:ベランダってバンドはすごくいいですね。ちょっとくるりっぽいっていうか。あとは、Laura Day romanceとか、South Penguinも好きだし、The Songbardsもよくなりそうな感じがしますね。それとカネコアヤノ。彼女は全然流行りを追ってないじゃないですか? (自分の個性が)一貫してるのに、ここまでリスナーが増えてるのは音楽の力だなって思うから、もっと行きそうだなって。あの、コラボしてたじゃないですか?

―KID FRESINOとの「Cats & Dogs」かな。

川谷:そう、あれもめっちゃよくて。カネコアヤノの声はカネコアヤノでしかないんで、あのトラックでも声が入ってきたら急にフォークになる。あれは強いなって思うから、2021年どんな曲を出すのか楽しみです。バンドもいいですからね。

―ギターの林くん(林宏敏:ex.踊ってばかりの国)、いいですよね。

川谷:俺もめちゃめちゃ好きです。ギターの音が良いんですよね。

―他のメンバーもいいですしね。

川谷:特にベースの人(本村拓磨:Gateballers、ゆうらん船)の弾き様、めちゃくちゃかっこいいですよね、好きです。(笑)。彼らもおそらく30代前半とかで、その世代が誰かの後ろで面白いものを作って、それが今の若い子たちに新鮮に聴こえるようになってきてるのかもしれない。だから、ポストロックがめちゃくちゃ来る可能性もなくはないですよね(笑)。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

  10. 10

    デパ地下以外は死んでいる百貨店

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。