記事
  • ロイター

バイデン米次期政権はテック大手解体促進を=反独占有力団体


[ワシントン 12日 ロイター] - 反独占姿勢で知られる米有力団体「アメリカン・エコノミック・リバティーズ・プロジェクト」は、バイデン米次期政権はアルファベット傘下グーグルやフェイスブックに対する反トラスト訴訟を拡大し、企業の解体を促すべきだとする報告書を出した。

同団体を率いるサラ・ミラー氏はバイデン次期大統領の政権移行チームと協力しており、テック大手に対する反トラスト法執行を後押ししている。

同団体はグーグルへの反トラスト訴訟について、範囲を検索のほか地図やトラベル、アプリストアにも広げるよう司法省に求めた。

司法省は昨年10月20日、グーグルが検索と広告市場を支配しているとして提訴。12月には連邦取引委員会(FTC)が、「買うか葬るか(buy or bury)」戦略で競合社に打撃を与えたとしてフェイスブックを提訴した。

報告書はバイデン次期政権に対し、積極的な司法省とFTCをつくり上げるよう要求。司法長官に起用されるメリック・ガーランド氏に対し、「グーグル解体を模索することを公にコミットする」よう求めた。

ミラー氏はロイターに対し、「反独占のムーブメントは日が浅い。新政権の人々が結集でき、明確なロードマップとして利用できるビジョンをわれわれは提示したかった」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  8. 8

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  10. 10

    現場から乖離した教育学の問題点

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。