記事
  • ロイター

東宝、営業利益予想を上方修正 「鬼滅」の貢献織り込み


[東京 12日 ロイター] - 東宝は12日、2021年2月期の営業利益予想を前年比64.1%減の190億円に上方修正したと発表した。10月公開の人気アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が記録的なヒットとなり、興行成績を伸ばし続けていることを織り込んだ。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は211億円。

1月7日に東京など1都3県に緊急事態宣言が発令されたが、昨年4月の緊急事態宣言時に映画館や劇場で営業休止したことに比べ、今回は一部の営業制限にとどまるとして「影響は限定的」としている。純利益予想は同61.8%減の140億円に上方修正した。

年間配当予想は1株あたり35円で変更していない。

20年3月─11月の営業利益は前年同期比59.9%減の171億円だった。「鬼滅」などのヒットで回復基調にあるが、4─5月の全国での休館や、感染予防措置として間隔を確保して座席販売したこと、洋画の期待作が公開延期や配信限定になったことなどで、映画館入場者数は前年同期比で半減となった。

休業期間中の人件費などを特別損失、雇用調整助成金を特別利益に計上。純利益は同61.9%減の112億円だった。

*内容を追加しました。

(平田紀之 編集:青山敦子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  2. 2

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  3. 3

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  5. 5

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  6. 6

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

  9. 9

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ闘病した医師が明かす教訓

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。