記事
  • ロイター

米下院の共和議員団、トランプ氏の問責決議案を12日提出へ

[ワシントン 11日 ロイター] - 米共和党のトム・リード下院議員は、先週6日のトランプ大統領の支持者による議会議事堂乱入事件を巡り、トランプ氏の問責決議案を他の同党議員らとともに12日に提出すると表明した。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)への寄稿で、トランプ氏が将来的に連邦政府の職に就くことを議会が阻止する方法を見いだすために取り組む考えも示した。

「6日の事件を巡る責任の明確化を遅延なく行うために」下院の共和党議員らと問責決議案を提出するとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  3. 3

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  7. 7

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  8. 8

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。