記事
  • ロイター

前場の日経平均は続伸、高値警戒の中で売り買い交錯 商い膨らむ


[東京 12日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円72銭高の2万8186円75銭となり、続伸。米国株安や前週末の急な上昇による反動から、下落して始まったが、依然として物色意欲は強い。

高値警戒感が生じている中で売り買いが交錯し、前場段階の東証1部売買代金は1兆5000億円超となるなど商いが膨らんだ。

11日の米国株式市場は主要株価3指数が下落。前週に最高値を付けたことから利食い売りが出た。決算シーズンの開始が待たれる中、米議会でのトランプ大統領の弾劾手続きにも注目が集まっている。

これを受けて日本株は寄り付きは反落してスタート。主力株を中心に利益確定売りが先行する展開となった。日経平均は一時、前日比で200円を超す下落となり、前週末に2日間という短期間で1000円を超す上昇に対する反動安の展開になるとみられた。ところが、売り一巡後は押し目買いが流入。前場中盤にはプラスに転じた。

高値警戒感が強いものの「基調の強さに変化がみられない。当面、日経平均は2万8000円を固める動きになりそうだ」(国内証券)という。

みずほ証券・シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏は「流れに乗り切れなかった投資家の買いが続いている。バイデン氏の就任式までは、こうした強い動きが続くのではないか」とコメントしていた。

TOPIXは0.05%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆5269億9300万円と膨らんでいる。東証33業種では、石油・石炭製品、医薬品、空運業が上昇した一方、パルプ・紙、証券業、サービス業などが下落した。

個別では、東京エレクトロンが連日の上場来高値更新となったほか、武田薬品工業、任天堂がしっかり。半面、トヨタ自動車、エムスリー、住友金属鉱山などがさえない。

東証1部の騰落数は、値上がりが887銘柄、値下がりが1210銘柄、変わらずが85銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  3. 3

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  4. 4

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  5. 5

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  6. 6

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  7. 7

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    海外の超富裕層が集まるニセコ

    fujipon

  10. 10

    キャバが時短無視する本当の理由

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。