記事
  • ロイター

OPEC減産、21年の米シェール企業の利益に貢献


[ヒューストン 10日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国などによる減産が2021年の米シェール企業の利益に貢献しそうだ。

米国の原油生産は20年、日量200万バレル減少した。価格低下や需要減退で、シェール生産業者が損失圧縮を余儀なくされた。投資家は新型コロナウイルス感染拡大前、シェール産業に対して支出を削減し利益還元を増やすよう圧力をかけていた。シェール生産は迅速に削減されたが、価格が上昇し続ければ、すぐに元の水準に戻る可能性がある。

米シェール企業がOPECの減産を利用することを懸念したロシアが増産することを受け、サウジアラビアは5日、2月と3月の原油生産を自主的に日量100万バレル削減する方針を示した。

ロシアとカザフスタンは米国に市場シェアを譲ることに消極的で、増産に踏み切る。一方、サウジ政府関係者は新たな増産がロックダウン(都市封鎖)中の需要を上回ると懸念している。

サウジの減産方針を受け米国産標準油種WTIは8日、1バレル=52ドルを付けた。

最近のコスト削減や生産水準維持の取り組みを踏まえれば、原油価格の上昇は米生産企業の利益に直結する。企業は生産を横ばいで維持し、価格の上昇を投資家への利益還元か債務返済に回す方針を示している。

コンサルティング会社リスタッドによると、米シェールオイル・ガス企業は1バレル=30ドルから40ドル台前半の価格レンジで利益を得られる。21年の価格上昇は企業収益を32%増加させる可能性があるという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  5. 5

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。