記事

「飯を食うために集まったのではない」 “二階語録”で学ぶ「会食=政治活動の命」説 「嫌な奴とも飯を食うことだ」 - プチ鹿島

 新聞を読み比べていると、1つの説が同時多発的にワッと出てくる瞬間がおもしろい。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 昨年末から急に見かけるのが次の説なのである。

『菅政権、麻生政権と似てきた? 支持率急落、解散先送り』(時事ドットコム2020年12月21日)
『麻生政権に似ている?』(東京新聞2020年12月25日)

 菅政権が、2008年9月に発足して1年で退陣した麻生政権に似ているのでは?という見立て。


菅政権は麻生政権に似ている…? ©️JMPA

 さらに読売新聞は年末の12月28日の一面で『内閣支持率下落拡大 発足3か月 29ポイント 麻生内閣と並ぶ』。

《読売新聞社が毎月の全国世論調査を開始した1978年3月以降の歴代内閣で、発足直後の調査から3か月後の下落幅を比較すると、麻生内閣と並んで最も大きかった。》

 なかなかの衝撃である。あの麻生氏と歩みが似ているなんてショックだろう。

社会情勢も麻生政権下に似ている…? 

 各紙をまとめると似ているのは支持率の下落だけではない。当時の麻生内閣の急落要因はおもに3つ。

「リーマン・ショックに伴う不況対策」

「麻生首相自身の漢字の読み間違い」

「ホテルのバー通い」

 菅政権も、

「コロナ対応」

「読み間違い&棒読み」

「大人数でのステーキ会食」

 なんか似ている……。

麻生政権との違いは「野党支持率の低さ」

 ただ1つだけ決定的に違う点が。麻生政権のときは野党の支持率が高かったが、現在は最大野党の立憲民主党の支持率は4%と低迷(読売・同)。

 ということはこのままの状況が続くと自民党内での「ポスト菅」の声が大きくなるということか?

 そんななか菅首相は7日、緊急事態宣言を再発令した。今回のポイントは「飲食」。

「感染リスクが高いとされる飲食店を中心に午後8時までの営業時間を短縮するなど対象を限定した」(毎日新聞1月8日)

 何のことはない。つい先日まで熱心に推進していたGo Toイートの否定である。自己批判である。

 さらにここで注目したいのは「政治家の会食」という視点だ。

 折も折、こんなルール作りがすすめられていた。

『議員会食「4人以下で」 与野党協議』(読売7日)

 政治家の会食を「4人以下で、午後8時まで」とする方向で調整していた。これに対し日本医師会の中川俊男会長は全面自粛したらどうかと会見で発言し、このルール作りは立ち消えて会食自体を自粛する方針となった。

なぜ議員の「会食ルール」が検討されたのか?

 それにしても国民に自粛を求めながらなぜこんなルール作りを考えていたのか。思い当たることが1つある。

 これはもう「二階ルール」なんだろう。

 自民党の二階俊博幹事長。ミスター会食、いやミスター怪食とも言っていい。

 昨年12月、菅首相が二階幹事長らと計8人で会食して批判を浴びた。それなら「少人数、4人ならいいだろう」という二階のトシちゃんの声が聞こえる。実際にあのあとも4人以下で会食をしていたという話を永田町方面から私も聞いた。

 二階氏にとって会食は政治活動の命なのだ。

 ここで二階語録を紹介しよう。

《嫌な奴とも飯を食うことだ。かつての民主党は、仲の良い奴とだけ飯を食う。だから割れるんだ。嫌な奴だって二回、三回飯を食うと、良い所が見えてくるもんだ》(文藝春秋2020年11月号 二階俊博「最後のキングメーカー」の研究)

 いかがだろうか。

 言っていることは悪くないと私は思う。「人と会う」ことの意義を説いているからだ。しかし「今」ではないことは確かだ。

 さらにこの言葉には昭和政治家ならではの匂いも感じる。論理や政策を抜きにして、まず半径5メートル以内の人間を味方につけちゃえという情の論理である。もしかしたら世のおじさん達にも今も尊重されている手法かもしれない。

 しかし政治でこの手法が過ぎると主役は国会ではなく料亭となり、政策決定の過程がまったく見えなくなる。「裏」がメインになってしまう。不透明感が半端ない。

 私は二階氏が幹事長就任した際に「オモテに出したらいけないおじさん」だと書いた。2016年に当時の自民党幹事長だった谷垣禎一氏が自転車事故に遭い、本当に急だったから裏番長の二階氏を幹事長にするしかなかった。魔人がオモテに出てきてしまったのだ。

 その結果、二階氏は13年半ぶりの衆院代表質問に立つと、ヤジに対して「黙って聞け」と堂々と応戦。裏の顔が国会というオモテで炸裂してしまったのだ。

「裏回し」コンビが表のツートップとなる事態

 そのあとも“二階の放出”は続いているのはご存知の通り。オモテに出てきてはいけないおじさんが堂々と「裏」を見せつけているのが今なのである。そういえば菅首相も裏の顔が長かった。その癖が抜けないのか首相になってもなかなかオモテに出てこない。

 この裏回しコンビが首相&自民幹事長というツートップなのだから明るさを感じられないのは当然か。

 緊急事態宣言後の「飲食」記事ではこんな声があった。

 牛丼チェーン店の関係者が「1人の客がほとんどで会話は少ない。他の飲食店と一緒に時短要請されるのはつらい」(毎日新聞8日)

 確かに牛丼店では会話はあまり無いはずだ。

 一方、二階氏はあのステーキ会食について何といったか。

「飯を食うために集まったのではない」(毎日新聞web12月27日)

 つまり「会話」が目的なのである。二階語録を見ても「飯を食う」というのはそういう意味だ。

 だからそれがヤバいんだって!

 菅首相はまず二階対策をするしかない。そして新聞各紙は「首相動静」のほかに「二階動静」を紙面につくってください。お願いします。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「二階俊博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  3. 3

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

  4. 4

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  6. 6

    コロナ患者受け入れ 条件で断念

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  8. 8

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  9. 9

    自民党内で菅政権を見限る動き

    NEWSポストセブン

  10. 10

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。