記事
  • SmartFLASH

「恋がしたい!」緊急事態宣言初日でも男女は“出会い”を求めて夜の街に…

 世間がコロナに振り回された2020年。閉店に追い込まれた飲食店が相次ぐなか、立て続けに新店舗をオープンさせた意外なジャンルの店舗がある。男女の出会いスポットとして “業界初1対1限定の相席ラウンジ” を謳う「T」(店名はイニシャル)だ。

 初めて出会う男女をマッチングさせる居酒屋として、全国展開中のチェーン店「A」がプロデュースする新業態としてスタートした「T」は、コロナ禍の中、2020年6月に東京・恵比寿に店をオープン。続いて9月に新宿、11月に池袋と、“コロナどこ吹く風” とばかりに、イケイケな連続出店をしてみせた。

 年が明けて2021年1月7日。政府は東京都を筆頭に1都3県へ、2度めの「緊急事態宣言」を発令。しかし、その初日となった1月8日の金夜も、「T」は3店舗ともに通常営業していた。

 こんな日に、わざわざ出会いスポットに来るのはどんな女性なのか? そもそも、女性は来るのか? この日、「T」を訪れたという、40代男性の体験談をお届けしよう。

「T」の平日の営業時間は、3店舗とも17時~24時。公式サイトでは、リアルタイムの店内状況(男女比率)を確認できるので、17時以降こまめにサイトをチェック。ところが、開店から1時間が過ぎた18時を回った段階で、池袋店・新宿店はともに女性0%/男性0%。恵比寿店のみ女性10%/男性0%という状況。

 さすがに、緊急事態宣言の初日にわざわざ来る物好きはそうそういないか……と思ったのも束の間。19時半にあらためてサイトをチェックしてみると、池袋店が女性30%/男性40%になっている。恵比寿店が女性20%/男性20%。新宿店も女性50%/男性40%と一気に動きが! 短時間でここまでの変化があることに驚きつつ、慌てて池袋店へと向かう。

 時刻は20時5分。池袋東口の繁華街にある雑居ビルの5階までエレベーターで昇り、入口でアルコール消毒と検温を済ませた。身分証明書を提示し、アプリへの登録をして会員登録が完了。待つことなく、店員に女性のいる席に案内される。

「こんばんは~」

「どうも、初めまして~」

 透明の衝立を挟んだテーブルで対面した1人めの女性は、「仕事帰りにふらっと寄ってみた」という24歳の事務系OL。ひとり暮らしの自宅も池袋界隈にあるという彼女は、「A」には何度か行ったことがあり、「『T』も前から気になっていて一度来てみたかった」とのこと。現在彼氏はおらず、普通に出会いを求めて来たそうだ。

 マスクをしているので顔の雰囲気がわかりにくいが、派手さもなく、ごく一般的な24歳といった感じの彼女と、噛み合っているかもわからないまま会話を続けていると、店員が時間の終了を告げにくる。そう、ここではひとりの女性と話せる時間は「20分まで」と決まっているためだ。

 店員に促されるまま席を移動。次に待っていたのは、元女子アナウンサー脊山麻理子似の、ややぽっちゃりなOL。彼女も「仕事帰りに少し飲んでから来た」そうで、「テレワークじゃないの?」と聞くと、変わらずに出社しているという。それとなく年齢を聞くと、はぐらかされてしまったが、30代中盤か後半といったところか。

 実家暮らしだという彼女は、「恵比寿店には行ったことがあるけど、池袋店は初めて」とのこと。結婚願望が強く、前の彼氏とは結婚相談所で知り合ったが、半年で別れてしまったのだという。こちらの話をニコニコしながら聞いていて、すぐに次の彼氏ができそうな雰囲気の女性だが、「なかなか、いい出会いがない」と嘆いていた。

 そんな彼女と20分間話し終えた段階で店員に聞くと、「現状、女性は0人」と告げられたので、いったん退店することに。しかも、「明日(9日)からは全店舗休業になる可能性もあります」というので、この時点での店内状況で、女性比率が上回っていた新宿店へ向かうことにーー。

●緊急事態宣言発令の初夜、相席ラウンジに来た女性たちの「共通点」は?

 少しほろ酔いのまま、21時20分ごろ新宿店に到着。入店時の店内状況は「女性60%/男性60%」。ほぼ待たずに案内された1人めは、どことなくギャル曽根似の28歳OL。来店理由を聞くと、「土日休みだし、ワンチャン週末一緒に遊べる人が見つかればいいなと思って」と、男勝りの告白(笑)。

「パパ活とかはしないの?」と聞くと、「周りはやってるコもいるけど、私はオジサンに興味ないから」とのこと。しっかりしているのか、していないのかよくわからないが、とりあえず私じゃダメなことだけはわかった(苦笑)。

 続いて2人め。目元が松雪泰子似の派遣会社に勤務する20代のOL。今日出会ったなかでは、いちばんの美人で、こちらのテンションも上がる。

「普通にモテそうだけどね。実際、モテるでしょ?」

「モテてたら、こんなとこ来ないですよ~。言い寄ってくるの、変な男ばっかで……」

「こんな緊急事態宣言初日になんで来たの?」

「家帰ってもひとりだし、つまんないから……」

 見た目だけなら確実にモテそうだが、わりとマイペースに自分のしたい話を続けるところや、「自称潔癖」というあたりが、彼氏ができない理由かなと勝手に分析。終わり際に彼女とLINEを交換し、3人めの席へ移動した。

 3人めは「歌舞伎(の舞台)が大好き」という稲村亜美似のショートカットの29歳OL。彼女も仕事終わりに来たという。常に笑顔を絶やさず、こちらの質問にも、ぽんぽんと言葉を返してくる彼女。

 この手の場に慣れてそうな雰囲気だが、「職場には出会いがなく、彼氏はいない。好きなタイプは変わった人」とのこと。飲みの席は好きだが、「体を鍛えているので、自分はあまり飲まない」ということで、紅茶を飲んでいた。彼女も、まあまあ変わったタイプかも(笑)。

 そんな彼女ともLINEを交換したが、話を終えるころにはもうお腹いっぱい。初対面の相手と20分ごとに会話を続けなきゃいけないのは、けっこうしんどいし、アルコールを飲み続けていたせいで疲れてしまったので、ここで退店することに……。

 結果、緊急事態宣言の初日に2店舗をめぐり、5人と話せたが、全員が口を揃えて言っていたのは「周りにコロナに罹った人はひとりもいない」ということ。身近な人間に、コロナで苦しんだ事例が皆無だと、当事者意識は持ちにくいのが事実なのだろう。彼女たちの来店の動機も、純粋に「彼氏がほしい」「出会いがほしい」というものだった。

 長引く自粛生活で他人との接触が激減するなか、いつも以上に人恋しくなるのだろうーー。私が店を出るころ新宿店の店内状況は「女性90%/男性70%」と、なんと女性比率のほうが上回っていた。緊急事態宣言が出ようが出まいが、出会いのニーズはなくならないようだ。

あわせて読みたい

「恋愛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  4. 4

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

  5. 5

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  6. 6

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    起業に求めてはならぬカネと安定

    ヒロ

  9. 9

    非正規が休業手当貰えぬカラクリ

    田中龍作

  10. 10

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。