記事

【東京外環道】リニア地元住民が忠告に来た「個別交渉するな」

リニア建設予定地の住民が騙されないための助言をした。=10日、調布市 撮影:田中龍作=

 やっぱり巨悪は国交省とスーパーゼネコンだった。

 大深度地下を超巨大モグラ(シールド)マシンで掘り進んでいた東京外環道建設工事。昨年10月、調布市の住宅街で地面が陥没したり地中に空洞が見つかったりした事故で、事業者のNEXCO東(東日本高速道路株式会社)は、8日から被害住民(※)に対する個別の補償交渉を始めた。

 NEXCOは加害者でありながら補償交渉の主導権を握るつもりだ。

 きょう10日、地元で被害住民たちが、集会を開いた。住民によるとNEXCOは「団体交渉は受け付けない」という。

 そればかりか「(委託した)弁護士や不動産鑑定士が資産価値を査定する」と本末転倒だ。「盗人猛々しい」と言っても差し支えない。

 個別交渉だと、本来は『面』で起きている被害が『点』となる。素人は法律にも疎い。NEXCOの思うツボだ。

大きな亀裂が入った家屋の土台。=2020年12月、調布市 撮影:田中龍作=

 調布であったこの日の会合には「リニア新幹線・相模原地権者の会」の萩原安雄氏が出席していた。

 同会の20数人はJR東海から区分地上権の契約をするよう個別交渉を迫られた。個別交渉というのがミソである。

 同会は弁護士を通じて交渉することにした。弁護士がJR東海に対して「私が代理人なのだから個別に交渉するな」と通告した。

 以後、JR東海から同会の20数名に交渉の申し入れはない。20数名はリニア沿線予定地5キロにわたって点在していることから、JR東海といえども簡単にシールド工事を進めることはできない。

 相模原市のリニア建設予定地では地権者800人のうち6割が個別交渉に応じたという。補償は不十分で、JR東海の都合のいいようにされてしまった。

 萩原氏は田中の取材に「JR東海と(NEXCOは)同じ手口、同じ態度」と吐き捨てるように言った。

 JR東海とNEXCOの背後にいるのは国交省。東京外環道とリニア建設で潤うのはスーパーゼネコンだ。両者とも地元住民の落とし方を十分に心得ている。

  (※)
「外環被害住民連絡会・調布」

 ~終わり~

  ◇
『田中龍作ジャーナル』は生活者の目線から巨悪を追及します。取材費は読者のご支援により賄われています。

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「NEXCO東日本」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。