記事

「今も愛に飢えている」“独りぼっちの大横綱”白鵬が双葉山、大鵬、千代の富士を超えられない理由《コロナ陽性で初場所休場》 - 田井 弘幸

1/2

 1月10日から開催される大相撲初場所。しかし、そこには今場所に再起を図る大横綱・白鵬の姿はない。5日に新型コロナウイルス感染が判明し、休場を余儀なくされたからだ。三役以上の力士では初の感染に角界では激震が走った。長く角界取材を続ける共同通信編集局運動部デスクの田井弘幸氏が緊急寄稿し、横綱・白鵬が抱えてきた「孤独」を指摘した。

【写真】この記事の写真を見る(14枚)


白鵬 ©️雑誌協会

衝撃的なコロナ感染が判明

 大相撲の第一人者として長く君臨してきた横綱白鵬が、今までにない土俵人生の大きな岐路に立っている。右膝や腰などの故障が増え、最近2年間の12場所で休場は8場所。昨年後半は3場所連続休場で、11月場所後には横綱審議委員会から設置70年で初となる「注意」の決議を受けた。

 新型コロナウイルスに深く沈んだままの2020年が終わり、先行き不透明な21年が始まるや否や年明け5日に衝撃的なコロナ感染が判明。初場所(1月10日初日・両国国技館)の休場を余儀なくされた。世相と歩を一にするかのような白鵬は逆風に吹かれ、波乱含みの1年を迎える。

 優勝回数は44と史上最多を更新中で、2位の大鵬の32回を大きく引き離す。通算1170勝、幕内1076勝など勝利にまつわる記録のほとんどで、白鵬は1位を占めている。他にも横綱在位80場所などトップに立つ金字塔は枚挙にいとまがない。

 大相撲史に残る強豪力士であることは間違いないのだが、この大横綱にはなぜか、いつのまにかといった具合に負のイメージが先行。打ち立てた実績とは裏腹に、何とも微妙で不遇な立ち位置を招いてしまっているのが現状だ。

荷物が雑然と置かれた宮城野部屋の玄関前で記者会見

 そんな境遇を如実に表したのが2年前の9月3日だった。日本国籍を取得――。白鵬にとっては運命的な一日だった。現役引退後も日本相撲協会に残って親方となるには、どんなに白星を積み上げても外国籍では資格がない。父はモンゴル相撲の大横綱でレスリングの五輪メダリスト。国民的英雄だけに、母国モンゴルとの決別には相当な葛藤や心の摩擦があっただろう。

「(日本国籍取得は)ずっと思っていた。相撲があったからこそ、ここまで成長できた」

 白鵬はこう述べるが、彼にしか分からない紆余曲折を経て決断へと至ったと察する。そして恐らくしばらく破られることはないだろう優勝記録を保持する横綱が、大相撲で弟子を育てる指導者の道を選んだ。

 本来ならば角界、本人の双方にとって晴れの日なのだが、日本人となったばかりの「白鵬翔」が報道陣の前で初めて言葉を発したのは、東京都墨田区にある宮城野部屋の玄関前だった。決して日当たりがいいとは言えない細い路地は晴れ舞台とほど遠く、玄関脇には必要か不要か分からない荷物が雑然と置かれていた。

曙の時とは、相撲協会の「歓迎度」がまるで違った

 着物姿の白鵬は朝稽古後、ここで立ったまま、

「日本人として恥じないように頑張ります」

 などと硬い表情で決意表明し、慌ただしく始まった即席の記者会見を短時間で終えた。協会幹部のコメントも「周りが目指すようなお手本に」「土俵でも私生活でも相撲協会の重んじるものを受け止めて」などと少しくぎを刺すようなニュアンスが行間から漂っていた。

 1996年、横綱在位中に同じく日本国籍を取得した米国出身の曙には東関部屋の上がり座敷がセッティングされ、まさしく晴れの会見で日本名の「曙太郎」を自ら書いた色紙を掲げて満面の笑み。全く対照的で祝福ムードにあふれていた。どちらも所属部屋の仕切りとはいえ、相撲協会による“歓迎度”が雰囲気の明暗や濃淡を醸成したことは間違いない。曙は結果的に角界を離れてプロレスラーとなったが、横綱としては若貴兄弟の好敵手を務めつつ後進を引っ張り上げた。言動にも慎重さがあり、周囲からも好まれていた。

ヒール・朝青龍と対照的な「善玉」だったが……

 白鵬は優勝回数を重ねるにつれて、土俵内外の騒動が続発した。いわゆる“やんちゃ”で同郷の横綱朝青龍が問題行動を起こしても「朝青龍だからなあ……」との諦観に憎めなさがない交ぜになった。一方で白鵬は「ヒール」の先輩横綱に対抗する形で22歳にして颯爽と頂点に立ち、美しい体格に物静かなたたずまいは紛れもなく「善玉」だった。

 ところが、勝負判定に絡む批判や不服をあらわにする言動をきっかけにイメージが変わり始めた。軽いファンサービスのつもりだったろうが、千秋楽の表彰式で観客に万歳三唱や三本締めを促す行為は国技独自の“抑制の美学”と反した。

 横綱日馬富士による傷害事件が発生した酒席に同席していたことも、かなりのマイナスだった。取り口では大振りの張り手、立ち合いで肘を相手の顔面にぶつける攻めも批判の対象となった。もちろん禁じ手ではない上に、本人からすれば必死に勝ちにいっての戦法だろう。

 対応できない相手もふがいない。ただ正統派なイメージだっただけに「あの白鵬がねえ……」という失望感がどんどん膨らんだ。角界関係者やファンの心理の奥底には、品格や風格を期待したのに裏切られたという思いが増大していった。一人勝ちと同時に残念すぎるギャップ。気が付けば、大横綱は独りぼっちになっていた。

相撲をとるのが楽しくてしかたなかった青年はなぜ変わったか

 3月で36歳となる白鵬は今も、愛に飢えている。5人兄姉の末っ子で生まれ育ち、自らも認める甘えん坊だった。まだ18歳の幕下時代に初めて取材した時から、自分を知ってほしい、褒めてほしいという無邪気さを感じた。

 自らの生い立ち、父や母のこと、モンゴルの雄大な自然、体が小さくて入門先が見つからなかった少年時代からの躍進などを語り続け、私が驚いたり、感心したりすると、本当にうれしそうな表情を浮かべていた。

 大関から横綱へと番付を急速に駆け上がった時は前途洋々の将来性から「大鵬の再来」などと賛辞を浴び、相撲を取るのが楽しくて仕方ないといった印象だった。

 ついには自身の努力で「負けて騒がれる力士」にまで成長したが、同時に「勝って当然」の精神的境地に至るのは難しかった。だからこそ第一人者となった自分にあえて厳しい言葉をかけつつ、そっと褒めてくれる偉大な先人たちのさりげない愛情が心の支えでもあった。

 それが13年に元横綱大鵬の納谷幸喜氏、15年に北の湖理事長(元横綱)、16年に九重親方(元横綱千代の富士)が相次いで死去。18年には父のジジド・ムンフバト氏も他界した。

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  5. 5

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  6. 6

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  7. 7

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  8. 8

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  9. 9

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

  10. 10

    デパ地下以外は死んでいる百貨店

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。