記事

大晦日パーティーで物議のデヴィ夫人が弁明 真っ向批判の杉村太蔵氏に称賛の声

1/2

2020年の大晦日に90人規模のカウントダウンパーティーを主催したと報じられたタレントのデヴィ夫人が、10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系列)に出演した。「この時期だからこそ勇気を持って開催した」などと持論を展開するデヴィ夫人に対し、疑問を呈したのが元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏だ。

パーティーを開いたことについて「こういう時期だからこそ開催した」と弁解するデヴィ夫人に対して、「感染防止に努めている人にとってはイラッとする」などと正面切って批判した。SNSでは、杉村氏の発言を支持する声が広がっている。

デヴィ夫人が語ったパーティーの経済効果

BLOGOS編集部

東京スポーツは6日、デヴィ夫人が昨年12月31日に都内の高級ホテルで90人規模のパーティーを主催したことを伝えた。記事によると、パーティーは12月31日午後9時半から翌日午前1時まで行われ、主に晩餐とダンスが繰り広げられた。マスクをしていないデヴィ夫人がお姫さま抱っこされている場面もあり、会費は3万8000円だったという。

この日の番組内で、パーティーについて見解を問われたデヴィ夫人は、開催することでホテルの従業員や飲食関係者、ダンサー、歌手らに仕事が生まれると経済効果を説明、その上で、「私たちはみんなストレスを抱えている。パーティーに来ることによってパワーをもらう。元気をもらう。とても幸せになる」などと語った。

杉村太蔵氏が指摘「イラッときてしまう」

BLOGOS編集部

杉村氏はデヴィ夫人に対して、「かえってこういうパーティーを開催することで、感染拡大がいつまでも止まらない」と意見を示した。デヴィ夫人は「お言葉ですけれども」と大声を出して遮り、「パーティーは10日前だが誰も感染していない。昨年にチャリティー(パーティー)を5回開催したが、誰も感染していない」となどと反論。杉村氏も「誰も感染していない。では結果的にいいのではという議論は成り立たないのではないか」と食い下がった。

勢いは止まらず、「私のパーティーに来られる方は、自意識が高い。緊張感を持っている。自覚している。『感染しない。感染させない』が合言葉になっている」と語った上で、若者からウイルス感染する危険を感じるとして、「若い人にも緊張感を持ってもらいたい」などと切り返した。

あわせて読みたい

「デヴィ夫人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。